長崎佐世保市に店舗併設型の植物工場を設置(庄屋フードシステム)

西九州を中心に飲食店97店舗を展開する長崎県佐世保市の庄屋フードシステムは、市内のイタリア料理店「マルゲリータ」に併設した植物工場を稼働させ、ここで栽培した野菜を使ったメニューの提供を始めた。長崎県産業振興財団によると、レストラン併設型の植物工場は九州初で、同社は無農薬の新鮮な野菜を使った「店産店消」をアピールしたい考え。
 
 
植物工場は約10平方メートルで、レストランの駐車場に約620万円かけて設置。蛍光灯や空調システムによって生育環境を制御し、バジルやサニーレタスなど葉物野菜約10種類を水耕栽培する。1日2回ほど収穫した野菜をピザやサラダなどのメニューの一部に使い、将来は葉物野菜の8割を植物工場でまかなう計画電気代など維持費は月約2万円で、1年間で生産量や採算性などを分析し、結果が良ければ他の郊外店舗でも採用していくという。
 
 
カフェ・レストラン店舗併設型の植物工場ではサブウェイが先に稼働させているが(参考記事)、予想以上の集客効果があり、周りの植物工場に興味がない人々にまでサブウェイの植物工場は浸透している。同社の場合でも、工場レタスは設備投資や光熱費で通常の仕入れ値の倍近いコストがかかる、といわれ純粋な事業としては厳しいものの、総合的にみれば成功を収めているのではないだろうか?
 
 
今回の庄屋フードシステムの場合は長崎であり、東京・丸の内よりも情報発信力が弱く、見込客数(素通り客や移動中に外から覗く人々も含め)が少ない。総合的なブランドやイメージ向上効果よりも、事業としての収益性が重要視されるのでは、と個人的には考えてしまうが、1年間での採算性調査の結果に期待したい。<参考:9/2の西日本新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る