電子部品製造のサンエス:自社工場を転用して植物工場分野へ。三共空調では移動可能な土壌栽培システムにて差別化をはかる

シャープの協力工場として電子部品の生産を中心に成長してきた電子部品製造のサンエスは、従業員の雇用確保のための新規事業として植物工場の実用化を目指して研究している。広島県福島市の社内ビルの中で、今年7月から植物工場の実証実験を開始。縦横2.5m、高さ2.2mの棚を自作で作り、レタスを栽培している。<同社の売上高:214億円(2010年3月期)/従業員900名>
 
 
サンエスでは、2011年3月まで実証実験を行いながらノウハウを蓄積し、3年以内をめどに自社工場での野菜生産を開始する計画だという。近年、照明関連企業や半導体・電子部品関連企業からの参入が目立つが、同社もシャープ向けに電子部品を生産している国内の自社工場を転用する目的がある。生産で培ったクリーンルームや純水装置の技術も安全、安心な野菜作りに活用できる、と考えての参入である。
 
 
もちろん同社だけでなく、同じような業種・理由から植物工場分野に参入する事例は急増している。その多くが3?5年以内には新規事業として確立させ、新たな収益柱にする計画のようだが、長期的な視野のもと「グローバルな視野に立ち、市場価値の高い希少品種の栽培技術確立、コストの大幅削減、専門的な人材育成と新たな事業モデルでの展開」など、成功のためには様々な課題をクリアしなければならないだろう。
 
 
差別化をはかるために、空調関連機器の三共空調ではヴェルデの特殊土壌を活用して、栽培棚を上下に移動可能な土壌栽培可能な植物工場の試作装置を開発している。試作機は高さ2.5m/3段にて蛍光灯にて栽培しており、同程度の大きさなら価格は400万?500万円にできる見通しであるという。
今後は自由に大きさをカスタマイズできるように栽培技術・ノウハウを蓄積していく計画である。<ヴェルデの特殊土壌については、こちらの記事を参照>
 
 
新規事業として植物工場分野に参入したものの、数年後には、そのほとんどの企業がプロジェクトを中止している、という結果にならないように当法人としても有力な情報・アイデアを提供できればと思っている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る