多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)

太陽光利用型の植物工場システム(多段式・水耕栽培)をグローバルに販売するValcent Products 社の栽培システム写真が新たにアップロードされているのでご紹介する(掲載許可済)。同社の栽培システムや経営戦略は、次回の調査レポートでご報告しようと思うが、簡単にValcent Products 社について説明しておく。
 
 
カナダのバンクーバーや米国にオフィスを持ち、EUにも子会社を設立している同社では、太陽光を利用した多段式の水耕栽培システムを開発・販売している。有名な所では、UAE・アブダビのマスダールシティへのプロジェクトにも参加している。マスダール・シティとは、全てのエネルギーが太陽光や風力などの電力で維持され、CO2排出がゼロの100%再生エネルギーシステムを導入した未来都市のようなもの。詳細はWEBサイト(英語)を参照。
 
 
同社が開発・販売する栽培システム「VertiCrop」は、従来の露地栽培より20倍の生産性を持ち、一般的に必要とされる水の5%ほどの量で十分に栽培できるものである。その他の特徴は、一般的な多段式・水耕栽培と同様であり
「場所を選ばず、土壌のない都会の狭いスペースでも栽培可能」
「無農薬栽培」「初期導入コストは高いが、環境負荷が軽減され、投資に見合ったリターンが得られる(この点は販売側の主張であり、システム購入側は失敗するケースも多い)」といったもの。
 
 
ハウス内は高さ3?6mの中で、8段から16段ほどまでに積み上げられる。当然ながら葉野菜やハーブ、海藻(バイオ燃料用)といったものしか栽培できない。例えば250?のハウス内で、年間に50万株以上のレタスが栽培可能だという。同社も同様だが、欧米企業で頻繁に見受けられることは

1.農薬や除草剤は不要で、水資源も大幅に節約できる環境にも優しい循環型システム
2.都市型農業として普及させれば、その地域内で食料自給することで輸送コストやCO2排出も削減でき、無農薬野菜を新鮮なままで食べることができる

といったような、新しいコンセプトの都市型農業としてアピールしている企業が多い。以下、栽培している写真を掲載しておく(写真は同社のWEBサイトにてアップロードされている)
 
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る