多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)

太陽光利用型の植物工場システム(多段式・水耕栽培)をグローバルに販売するValcent Products 社の栽培システム写真が新たにアップロードされているのでご紹介する(掲載許可済)。同社の栽培システムや経営戦略は、次回の調査レポートでご報告しようと思うが、簡単にValcent Products 社について説明しておく。
 
 
カナダのバンクーバーや米国にオフィスを持ち、EUにも子会社を設立している同社では、太陽光を利用した多段式の水耕栽培システムを開発・販売している。有名な所では、UAE・アブダビのマスダールシティへのプロジェクトにも参加している。マスダール・シティとは、全てのエネルギーが太陽光や風力などの電力で維持され、CO2排出がゼロの100%再生エネルギーシステムを導入した未来都市のようなもの。詳細はWEBサイト(英語)を参照。
 
 
同社が開発・販売する栽培システム「VertiCrop」は、従来の露地栽培より20倍の生産性を持ち、一般的に必要とされる水の5%ほどの量で十分に栽培できるものである。その他の特徴は、一般的な多段式・水耕栽培と同様であり
「場所を選ばず、土壌のない都会の狭いスペースでも栽培可能」
「無農薬栽培」「初期導入コストは高いが、環境負荷が軽減され、投資に見合ったリターンが得られる(この点は販売側の主張であり、システム購入側は失敗するケースも多い)」といったもの。
 
 
ハウス内は高さ3?6mの中で、8段から16段ほどまでに積み上げられる。当然ながら葉野菜やハーブ、海藻(バイオ燃料用)といったものしか栽培できない。例えば250?のハウス内で、年間に50万株以上のレタスが栽培可能だという。同社も同様だが、欧米企業で頻繁に見受けられることは

1.農薬や除草剤は不要で、水資源も大幅に節約できる環境にも優しい循環型システム
2.都市型農業として普及させれば、その地域内で食料自給することで輸送コストやCO2排出も削減でき、無農薬野菜を新鮮なままで食べることができる

といったような、新しいコンセプトの都市型農業としてアピールしている企業が多い。以下、栽培している写真を掲載しておく(写真は同社のWEBサイトにてアップロードされている)
 
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
多段式・水耕栽培(太陽光利用型植物工場)システム普及にむけてグローバルに展開するValcent Products社について(栽培風景写真)
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る