若い2人の兄弟が2つのバケツで途上国の食料問題解決に挑む<Global Buckets>

こんな若い兄弟だけでも、世界の飢餓から救う解決法を考え、実行していることに驚いた。それは、17歳のGrant Busterと、その弟である15歳のMax Busterである。彼らは、簡単な栽培システムを開発し、農地が少ない途上国に普及させる活動を行っている<彼らのサイト>。
 
途上国の食料問題解決に挑む二人の兄弟<Global Buckets>
 
開発した簡易型栽培システムは、2つの5ガロン(20リットル)のバケツを重ねたもの、そして土と水、さらには循環させるためのパイプのみであり、従来よりも50?80%程の水を節約できるという。この栽培システムの開発には、EarthBox planter をヒントにしながら、2005年頃から製作を開始している。
 
 
彼らの素晴らしい点は、こうした市販の栽培システムではなく、より少ない水で栽培可能なもの、簡単な知識があれば誰でも製作・メンテナンスが可能なもの、地元の地域にある材料を使ったものを開発しようと試行錯誤の実験や研究を続けたことである。
 
 
今回の栽培システムについて、その詳細を把握しておらず技術的な評価はできないが、基本的には土壌を使用するようだ。例えば現地の土壌を使用した場合、化学肥料や重金属などが蓄積されているリスク等、不安な点がいくつかあるものの、アイデアを形として実現していることは素晴らしい。個人的にも、何かコアとなる技術を柱としながら、それ以外は全て現地の材料で誰でも組み立てることができる栽培システムの開発ができないかと考えてはいるものの、実行に移していない自分にムチを打ちたくなった。
 
 
こうした簡易型栽培システムを普及させるためには、指導員を増やすための仕組みや情報交換できる場所、さらにはビジネスとして所得を得ることができるようなインセンティブが付加されれば理想的なのかもしれない。それにしても、このような情熱と知識、実行力のある若手ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)がたくさん現れて欲しいものである。
 

 

 
途上国の食料問題解決に挑む二人の兄弟<Global Buckets>

<彼らがメモした今回の栽培システム>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る