若い2人の兄弟が2つのバケツで途上国の食料問題解決に挑む<Global Buckets>

こんな若い兄弟だけでも、世界の飢餓から救う解決法を考え、実行していることに驚いた。それは、17歳のGrant Busterと、その弟である15歳のMax Busterである。彼らは、簡単な栽培システムを開発し、農地が少ない途上国に普及させる活動を行っている<彼らのサイト>。
 
途上国の食料問題解決に挑む二人の兄弟<Global Buckets>
 
開発した簡易型栽培システムは、2つの5ガロン(20リットル)のバケツを重ねたもの、そして土と水、さらには循環させるためのパイプのみであり、従来よりも50?80%程の水を節約できるという。この栽培システムの開発には、EarthBox planter をヒントにしながら、2005年頃から製作を開始している。
 
 
彼らの素晴らしい点は、こうした市販の栽培システムではなく、より少ない水で栽培可能なもの、簡単な知識があれば誰でも製作・メンテナンスが可能なもの、地元の地域にある材料を使ったものを開発しようと試行錯誤の実験や研究を続けたことである。
 
 
今回の栽培システムについて、その詳細を把握しておらず技術的な評価はできないが、基本的には土壌を使用するようだ。例えば現地の土壌を使用した場合、化学肥料や重金属などが蓄積されているリスク等、不安な点がいくつかあるものの、アイデアを形として実現していることは素晴らしい。個人的にも、何かコアとなる技術を柱としながら、それ以外は全て現地の材料で誰でも組み立てることができる栽培システムの開発ができないかと考えてはいるものの、実行に移していない自分にムチを打ちたくなった。
 
 
こうした簡易型栽培システムを普及させるためには、指導員を増やすための仕組みや情報交換できる場所、さらにはビジネスとして所得を得ることができるようなインセンティブが付加されれば理想的なのかもしれない。それにしても、このような情熱と知識、実行力のある若手ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)がたくさん現れて欲しいものである。
 

 

 
途上国の食料問題解決に挑む二人の兄弟<Global Buckets>

<彼らがメモした今回の栽培システム>