【補足】野村ホールディングス、アグリビジネスに特化した子会社の設立へ(植物工場を通じた生産事業にも参入)

野村ホールディングスは都道府県と連携し、農産品の海外輸出支援などのビジネスを始める方針を明らかにした。地域経済が冷え込む中、付加価値の高い農産品を海外に売り込んで、雇用拡大なども目指すという。青森や栃木など全国4県と組んで具体的な計画作りに着手しており、青森県とは、特産のリンゴを中国など新興国向けに輸出する販路拡大策などを検討する。
 
 
また、栃木県では、食品関連企業の新商品開発を支援するほか、温度や光を制御して効率的に農産物を生産する「植物工場」の立地検討などを行う。日本の野菜や果物は品質が高く、海外で高級品として珍重されるケースが多い。野村の海外網を活用し、生産県と消費国・地域を結んで安定的な輸出ができる体制作りを目指す。(2010年10月25日読売新聞より)

________________________________
 
野村ホールディングスは新会社として、野村アグリプランニング&アドバイザリーを設立して、農業に関心のある自治体や企業などに対して、経営ノウハウ・栽培技術の提供といったコンサルティング事業だけでなく、子会社を通じて生産事業(千葉県でトマト栽培)にまで参入することを発表した。
 
 
新会社は、野村ホールディングスが100%出資しており、資本金1億5千万円農事組合法人「和郷園」や千葉大学といった大学教授などの専門家と顧問契約を結ぶなどして得た農業経営のノウハウを、自治体や企業などに提供するという。
 
また、子会社として「野村ファーム」を設立し、温度や光を制御して効率的に農産物を生産する植物工場を千葉県で借り、高糖度トマトの栽培・販売を行う計画である。
 
 
以下、公式HPのリリース文を掲載。

野村ホールディングス、アグリビジネスに特化した子会社の設立を発表
野村ホールディングス株式会社(執行役社長兼CEO:渡部賢一)は、同社100%出資子会社として、アグリビジネスに関するソリューションの提供を行う「野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社(以下「新会社」)を10月に設立すると発表した。また、新会社の 100%出資子会社として、農産物生産事業を行う「野村ファーム株式会社(以下「新会社の子会社」)の設立も合わせて発表した。
 
新会社は、近年増加しているアグリビジネスに関するコンサルティングやファイナンスに関するニーズに対してソリューションを提供し、地域活性化に寄与するとともに、食料・環境・エネルギー問題の解決に貢献する。
 
新会社の子会社では、実際に農産物の生産を行い、アグリビジネスに関する情報・ノウハウを蓄積するとともに、新会社のソリューション提供などに活用する。
 
・新会社の概要(予定)
1. 商号 野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社
(Nomura Agri Planning & Advisory Co., Ltd.)
2. 設立 2010年10月
3. 本店所在地 東京都千代田区大手町
4. 代表者 取締役社長:西澤隆
5. 資本金 1億5,000万円
 
・新会社の子会社の概要(予定)
1. 商号 野村ファーム株式会社(Nomura Farm Co., Ltd.)
2. 設立 2010年10月
3. 本店所在地 東京都千代田区大手町
4. 代表者 取締役社長:若林滋和
5. 資本金 2,500万円

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る