農機メーカーのシイタケ生産事業/独自技術を導入しながら安定的な量産技術の確立を狙う(みのる産業)<植物工場以外の廃校の活用法>

田植え機などの農機メーカーである、みのる産業<売上高:63億6800万円(2009年9月期)>は、農機の売上高がこの30年余りで4割減となる中で、本業の技術力を生かした新規事業で長期的な収益安定を目指すため、シイタケ栽培や壁面緑化事業に取り組んでいる。
 
 
シイタケ栽培では、兵庫県豊岡市の廃校となった中学校を転用した但東工場を2007年11月に稼働させ、おがくずと栄養剤を固めたものに菌を植える菌床栽培を採用。セ氏20?22度で100日間培養した後、18日間の収穫と10日間の休養を最大で4回繰り返しながら栽培している。<シイタケ事業部について>
 
 
かつての体育館や教室を、培養室や収穫のための発生室として活用しており、約30人で年間25万個の菌床を培養し、シイタケ180トンを出荷している2010年9月期は1億5000万円の売上を見込んでいる)。植物工場のように、空調や栽培環境管理を行いながら、現在は兵庫および大阪などの関西方面へ一年中、出荷している(広義の意味ではキノコ類も植物工場に含まれる)。もちろん、無農薬栽培にて安全・安心な食材を実現。
 
 
シイタケ生産に取り組むために、事業部を設立したキッカケはシイタケ栽培向けの捕虫器の開発だった、という。森林総合研究所、徳島県、群馬県、千葉県、山口県、カモ井加工紙(株)、みのる産業(株)にて、ナガマドキノコバエの生態を研究し開発したもので、紫外線LEDにて虫を誘引し、ゼリー状のエサや捕虫シートにて捕獲するもの
 
シイタケ害虫(キノコバエ)を「光」と「におい」で確実に捕獲

シイタケ害虫(キノコバエ)を「光」と「におい」で確実に捕獲
LED誘引捕虫器「LEDキャッチャー」

「LEDキャッチャー」は乾電池式・防滴仕様により、菌床の近くに置けるため効果的に捕獲可能。設置台数の目安は、20?(6坪)に1台程。商品の詳細はこちら
 
 
こうした製品を開発するために、シイタケ栽培の研究を始めたところに今の工場の売却情報が入り買い取った、というのが参入の経緯である。シイタケは大きさがまちまちで収穫の機械化が難しいため、エノキダケやシメジ栽培のような大手企業が少ない。中国産シイタケの残留農薬問題による国産シフトの追い風もあり参入を決めた。今の課題は効率的な栽培法の確立とスーパーや外食産業との直接取引の拡大であり、今後はシイタケ以外の農作物の生産も視野に入れているという。
 
 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る