農機メーカーのシイタケ生産事業/独自技術を導入しながら安定的な量産技術の確立を狙う(みのる産業)<植物工場以外の廃校の活用法>

田植え機などの農機メーカーである、みのる産業<売上高:63億6800万円(2009年9月期)>は、農機の売上高がこの30年余りで4割減となる中で、本業の技術力を生かした新規事業で長期的な収益安定を目指すため、シイタケ栽培や壁面緑化事業に取り組んでいる。
 
 
シイタケ栽培では、兵庫県豊岡市の廃校となった中学校を転用した但東工場を2007年11月に稼働させ、おがくずと栄養剤を固めたものに菌を植える菌床栽培を採用。セ氏20?22度で100日間培養した後、18日間の収穫と10日間の休養を最大で4回繰り返しながら栽培している。<シイタケ事業部について>
 
 
かつての体育館や教室を、培養室や収穫のための発生室として活用しており、約30人で年間25万個の菌床を培養し、シイタケ180トンを出荷している2010年9月期は1億5000万円の売上を見込んでいる)。植物工場のように、空調や栽培環境管理を行いながら、現在は兵庫および大阪などの関西方面へ一年中、出荷している(広義の意味ではキノコ類も植物工場に含まれる)。もちろん、無農薬栽培にて安全・安心な食材を実現。
 
 
シイタケ生産に取り組むために、事業部を設立したキッカケはシイタケ栽培向けの捕虫器の開発だった、という。森林総合研究所、徳島県、群馬県、千葉県、山口県、カモ井加工紙(株)、みのる産業(株)にて、ナガマドキノコバエの生態を研究し開発したもので、紫外線LEDにて虫を誘引し、ゼリー状のエサや捕虫シートにて捕獲するもの
 
シイタケ害虫(キノコバエ)を「光」と「におい」で確実に捕獲

シイタケ害虫(キノコバエ)を「光」と「におい」で確実に捕獲
LED誘引捕虫器「LEDキャッチャー」

「LEDキャッチャー」は乾電池式・防滴仕様により、菌床の近くに置けるため効果的に捕獲可能。設置台数の目安は、20?(6坪)に1台程。商品の詳細はこちら
 
 
こうした製品を開発するために、シイタケ栽培の研究を始めたところに今の工場の売却情報が入り買い取った、というのが参入の経緯である。シイタケは大きさがまちまちで収穫の機械化が難しいため、エノキダケやシメジ栽培のような大手企業が少ない。中国産シイタケの残留農薬問題による国産シフトの追い風もあり参入を決めた。今の課題は効率的な栽培法の確立とスーパーや外食産業との直接取引の拡大であり、今後はシイタケ以外の農作物の生産も視野に入れているという。
 
 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る