エコ閉鎖循環養殖システムにて、フグ/オコゼを養殖するイクラス社<植物工場やアクアポニクスとも共通する部分>

イクラス社は尾道市内に設置した大型ドーム内の陸上プールにて、トラフグやオコゼといった付加価値の高い沿岸魚を「陸上養殖」している企業である。一般的な魚の養殖の場合、海に面した所に “いけす” を設置する海面養殖が主流だが、エサの残りかすや糞・尿・アンモニア等の有機物が海洋を汚染し、赤潮発生といった環境汚染問題を引き起こす原因にもなってきた限られたスペース内に密集して大量飼育を行えば、周辺環境の悪化を招くケースは多い。
 
 
しかし同社では、陸上の巨大なエアドームハウス内に水槽を設置し、魚の排泄物やエサの残りかすは、特殊ろ過装置で除去している。また糞尿から発生するアンモニアは、微生物や藻類を活用しながら分解させ、きれいになった海水を水槽に循環させて再利用している。現在は、フグやオコゼを養殖しているが、ヒラメやクエも可能だという。
 
 
体重約100グラムの稚魚を国内の専門業者から調達し、それを半年余りかけて800グラムまで大きくして出荷する計画とともに、魚の品質をさらに安定、向上するため、卵のふ化から自社で一貫生産も開始した。こうした養殖方法には、施設設計やえさの作り方・与え方、照明・水温管理の方法といった、様々な技術ノウハウが必要となり、例えばオコゼでは、約3年かかるとされる飼育期間をほぼ半減し、一定の大きさにそろえる技術も確立している。
 
 
閉鎖空間での循環養殖システムの場合、外部からの病気の持ち込みを防ぎ、薬品を使用しない安全な成魚を生産できることがメリットである(一般的な海面養殖の場合、病気等のリスクを考えて、エサに抗生物質のようなモノを混ぜる場合もある)。そして、植物工場と同様だが、病原菌や天候の影響を受けにくく、年間を通じて安定した高品質の商品を供給することが可能である
 
 
以前に、欧米(特に米国は多い)では一般的なアクアポニクス(野菜の栽培と魚の養殖を一体にしたシステム)の記事をご紹介したが、基本的には同じような技術を導入している。ある程度の閉鎖空間内に水・海水を循環させることで、年中・安定的に安心・安全な食料を生産し、化学肥料や水資源の大幅な削減につなげ、外部への環境負荷を軽減できる、のである。
 
 
あまりにも清潔・無菌の食料による危険性を訴える、専門家もいるが、植物工場や養殖分野も、全てが閉鎖空間での栽培に置き換わることはなく、異常気象による急激な価格上昇を抑える役割であったり、自給率向上の補完的な役割として、徐々に普及していくことが予想されるだろう。以下では、同社に関する情報・記事を一部、掲載した。
 
 

これまで稚魚は外部の専門業者から調達していたが、卵からふ化させた稚魚を成魚にまで育てることで品質の安定とコスト削減が実現できるという。陸上一貫体制で生産した魚は2011年夏から出荷を始める予定。

これまでは外部の専門業者から体重100グラム程度の稚魚を調達し、半年強で800グラム程度まで大きくして出荷する手法だったが、魚の品質をさらに安定、向上するため、卵のふ化から自社で一貫生産する技術を開発し、実際に運用を始めた。稚魚を外部から調達するのに比べて自社の設備や社員を活用しながら稚魚を確保することで費用も大幅に削減できるという。
 
天然のトラフグから卵を採取し、その卵が水槽に張り付かないように空気を入れながら約2週間水をかき交ぜ続けて、ふ化させる。ふ化した稚魚は現在順調に成長しており、餌を与えながら成長させて11年夏をめどに出荷を始める計画。軌道に乗れば、自社でふ化させた稚魚から育てたトラフグを年間1万2000匹出荷できる見込みで、4000万円程度の売り上げを目指す。

イクラスは福山大学(広島県福山市)生命工学部教授を務める伏見氏が稚魚などの研究成果を実践するために08年春に立ち上げた。
<日本経済新聞より、一部のみ掲載>

 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る