コンテナ型/植物工場の導入コストも4分の1程度へ。簡易型/販売価格の低下により様々な事業モデルが実現可能<ワイ・エス・シー>

コンテナ製造を行うワイ・エス・シーは、自社の中国工場で安価に製造することで、従来型の商品より販売価格を4分の1程度にまで抑えた。三菱化学・フェアリーエンジェル等がカタールへ販売した40フィートタイプが約5000万円であったが(詳細記事)、同社の商品は40フィートコンテナを6台連結したタイプで約7000万〜8000万円、20フィートタイプ単体であれば、約700万〜800万円で販売する予定である
ただし単純比較はできない。三菱化学の場合は太陽電池やリチウムイオン電池や水のろ過処理装置など、中東の気候・環境でも対応できるようになっているからである。
 
 
保冷コンテナ内に水耕栽培システムやエアコンを設置した植物工場であり、40フィートコンテナは壁を取り払うことで最大6台を連結でき、計:約190平方メートルの植物工場として使用可能である。ホウレンソウやサンチュなどの野菜を栽培でき、レタスは最大で年間約21万6000株収穫できるという。
 
 
一般的な完全閉鎖・人工光型の植物工場でも簡易型(クリーンルーム化を実施せず、汎用性商品・技術を組み合わせた商品)にすることで、従来型の栽培システムより、半分の初期導入コストで栽培できるものもある。大きな初期コストが障害となり参入を控えていた企業にとっては、様々な商品の選択肢が増え、非常に有難いことであるだろう。ただし、重要なことは価格だけではない。例えば栽培技術・ノウハウ面での優位性も考える必要がる。
 
 
例えば、いくら実証実験による数値データをもとに予測された収量であっても、実際に植物工場を稼働させた場合、計画通りの収量や秀品率(商品として販売できる割合)が達成できないことがある。運営当初は、どの企業も直面する問題である。その原因は様々であり、外的環境や内部の空調・養液・照明といった可能性が考えられ、いかに早く計画通りの生産量に栽培システムを修正していくか。今までの栽培技術・ノウハウが蓄積された企業であれば、柔軟に迅速に対応できるのである。
 
 
また、コンテナ型植物工場では、そのビジネスモデルも非常に重要になってくる。早い場合は1日で設置可能で、撤去や移動も楽なコンテナ式。短期的な空きスペースや駐車場にも設置可能である。こうしたメリットを生かして、一般的な固定式の植物工場では不可能であった、様々なビジネスモデルに利用することができ、アイデア次第では別の収益モデルを構築することもできるかもしれない。
 
 
実は過去にも、コンテナ式の栽培システムをトラックの荷台に設置し、運搬と栽培を同時に行ってしまおう、という実験的な取組みを行っていた企業もあったが、小型サイズの植物工場であれば飲食店などへの店舗併設モデルがあるように、コンテナ式もこれだけ販売価格が下がってくれば、様々なビジネスモデルでチャレンジする企業が増えてくるだろう。
 
 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る