コンテナ型/植物工場の導入コストも4分の1程度へ。簡易型/販売価格の低下により様々な事業モデルが実現可能<ワイ・エス・シー>

コンテナ製造を行うワイ・エス・シーは、自社の中国工場で安価に製造することで、従来型の商品より販売価格を4分の1程度にまで抑えた。三菱化学・フェアリーエンジェル等がカタールへ販売した40フィートタイプが約5000万円であったが(詳細記事)、同社の商品は40フィートコンテナを6台連結したタイプで約7000万〜8000万円、20フィートタイプ単体であれば、約700万〜800万円で販売する予定である
ただし単純比較はできない。三菱化学の場合は太陽電池やリチウムイオン電池や水のろ過処理装置など、中東の気候・環境でも対応できるようになっているからである。
 
 
保冷コンテナ内に水耕栽培システムやエアコンを設置した植物工場であり、40フィートコンテナは壁を取り払うことで最大6台を連結でき、計:約190平方メートルの植物工場として使用可能である。ホウレンソウやサンチュなどの野菜を栽培でき、レタスは最大で年間約21万6000株収穫できるという。
 
 
一般的な完全閉鎖・人工光型の植物工場でも簡易型(クリーンルーム化を実施せず、汎用性商品・技術を組み合わせた商品)にすることで、従来型の栽培システムより、半分の初期導入コストで栽培できるものもある。大きな初期コストが障害となり参入を控えていた企業にとっては、様々な商品の選択肢が増え、非常に有難いことであるだろう。ただし、重要なことは価格だけではない。例えば栽培技術・ノウハウ面での優位性も考える必要がる。
 
 
例えば、いくら実証実験による数値データをもとに予測された収量であっても、実際に植物工場を稼働させた場合、計画通りの収量や秀品率(商品として販売できる割合)が達成できないことがある。運営当初は、どの企業も直面する問題である。その原因は様々であり、外的環境や内部の空調・養液・照明といった可能性が考えられ、いかに早く計画通りの生産量に栽培システムを修正していくか。今までの栽培技術・ノウハウが蓄積された企業であれば、柔軟に迅速に対応できるのである。
 
 
また、コンテナ型植物工場では、そのビジネスモデルも非常に重要になってくる。早い場合は1日で設置可能で、撤去や移動も楽なコンテナ式。短期的な空きスペースや駐車場にも設置可能である。こうしたメリットを生かして、一般的な固定式の植物工場では不可能であった、様々なビジネスモデルに利用することができ、アイデア次第では別の収益モデルを構築することもできるかもしれない。
 
 
実は過去にも、コンテナ式の栽培システムをトラックの荷台に設置し、運搬と栽培を同時に行ってしまおう、という実験的な取組みを行っていた企業もあったが、小型サイズの植物工場であれば飲食店などへの店舗併設モデルがあるように、コンテナ式もこれだけ販売価格が下がってくれば、様々なビジネスモデルでチャレンジする企業が増えてくるだろう。
 
 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る