全体の1割程の企業が農事業へ参入済み・予定。今後も参入数が加速する中、経営的な課題も多い<北海道では毎年5割増>

帝国データバンクの調査(PDFファイル)によると、全国・全業種の2万1,431社を対象に「企業による農業参入状況」を調べた結果(回収率50.3%:全てネット調査)、既に参入している企業が6.8%(733社)参入予定が2.8%(306社)と、全体の1割程度の企業が農業参入済み・予定であることが分かったさらに業種別では、小売(2.2%)、建設(1.8%)、金融(1.6%)といった分野からの参入が多いようだ。
 
 
また、2007年4月?2010年4月の3年間に設立された企業のうち、商業登記の設立目的に「農作物の生産」が含まれる企業1,680社を抽出した後に、調査票郵送によるアンケート調査を実施した結果によると、304社(回答率18.1%)の新設企業が、「販路の開拓」(127社、53.1%)、「収益性の向上」(124社、51.9%)、「資金の確保」(113社、47.3%)、「技術やノウハウの習得」(103社、43.1%)といった課題を持っているようだ(複数回答可)。

農業へ関心があり、地域貢献や雇用確保、経営の多角化を目的に農業へ参入したものの、経営状況が厳しいことは、調査レポート(一般閲覧が可能な部分にも記載している)にも記載した所である。
 
 
上記調査による回答のあった新設企業の中で、地域的には北海道の197社が最も多く、次に東京都の106社(設立時点の登記上の本社所在地であるため)、兵庫県(63社)、千葉県(59社)、茨城県(51社)といった大都市近郊にて、物流コストも考慮したうえで参入する企業が多いようだ
 
 
最も多い地域である北海道でも、07年度41社 → 08年度66社 → 09年度90社と、毎年5割増近いペースで急増している。農地法の改正や、農商工連携・植物工場(高度技術を導入した施設栽培)に関わる支援・優遇策(補助金)、その他の関連する規制緩和や消費者による安全・安心を求める声などが後押しとなり、今後も5年近くは企業による農業参入が増加するだろうと、当法人でも予測している。
 
 

詳細は、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 にも掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る