世界的な水不足。国内の海水−淡水化プラント技術/ノウハウをもとに海外進出が加速するシンガポール企業

中東における水不足は深刻である。例えばサウジアラビアは、人口増加や工業化により水の需要が急増しており、一日の一人当たりの飲料水消費量は2008年には286リットルとなり、世界で最も多い国の1つになっている。同国ではこうした水需要の高まりから、30を超える国営の海水−淡水化プラントが操業しており、プラントによる水の生産量も世界最大である。(2009年には17億立方メートルにまで達している)
 
 
サウジアラビアの飲料水の半分は、こうした淡水化を行った水であり、40%が地下水、9%が地表水、1%が排水の浄化処理水によるものである、という。こうした水不足は中東諸国だけでなく、アジアでも同様である。例えばシンガポールでは、水不足解消のために飲用水生産事業が盛んであり、水の100%自給を目指している政府は6月末、60年までに、海水淡水化による水の生産量を10倍に増やす計画を発表した
 
 
また、シンガポールでは国内にて技術・運営ノウハウを獲得した企業が、海外に進出する事例も増えているようだ。シンガポールの複合企業セムコープ・インダストリーズは、アラブ首長国連邦(UAE)のフジャイラで海水淡水化施設を2億米ドルで開発する計画を発表しており、子会社のセムコープ・ユーティリティーズが2013年末までに建設することで、アブダビ水道電気庁と合意している。規模的には、逆浸透膜によるろ過で1日13万6400立方メートルの飲用水を生産。政府系水道会社に20年間販売予定である。
 
 
同社はアブダビ政府系企業と合弁で、フジャイラですでに世界最大の淡水化施設を運営しており、今回のプラントも合弁事業となる見通しである。さらには、オマーンでも12年前半開業を目指し、10億米ドルの発電所と海水淡水化施設を建設中である。また、地場建設大手ボウステッド・シンガポールの水事業子会社:ボウステッド・サルコン・ウォーター・ソリューションズはアブダビで、UAE初の廃水再生施設の設計・建設と5年間の運営を5500万ディルハム(約13億円)で受注した。同社はシンガポールで飲用可能な廃水再生水「ニューウオーター」の施設を建設した経験がある。ただし、UAEでは再生水の飲用に抵抗が強いため、農業用水向けとする計画である。
 
 
バーレーン企業が出資し、海外進出を加速しているシンガポールのモヤ・ダイエンは、カンボジアのプノンペン市の水道水処理施設の建設を4984万米ドルで受注した。同市周辺在住の130万人に1日13万立法メートルの飲用水を供給する計画としている
 
 
このように、水市場は15年後には現在の2倍以上の87兆円に拡大すると見込まれており、世界中から様々な企業が研究開発・参入を計画している。水の浄化技術(例:膜処理やポンプ技術)など、各技術力は非常に高い日本では、プラントの建設や個別技術の採用に留まっており、veoliasuez といった巨大水メジャーのような大規模受注(水道事業全体)を獲得することができていない
 
 
水道事業の民営化が行われず、地方自治体が住民サービスとして運営しているのが日本であり、民間企業が「浄水→家庭への給水→料金徴収」としった水道サービス全体を運営できるようなノウハウを保持していないのが現状である。また、こうした大規模プラントの受注には、政府のトップが海外へセールスすることが重要であり、シンガポールや韓国も海外への事業展開には積極的である。
 
 
シンガポールでは、8年前には「ニューウォーター計画」を立ち上げ、韓国でも5年前に国家計画を策定している。若干、日本は出遅れている印象を受けるが、各個別技術だけなら世界でもトップ水準である。今後は、各企業や自治体・政府がタッグを組み、オールジャパンとして世界進出することが、重要になってくるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る