「一風堂」力の源カンパニーが大分県にて農業参入<体験農業や研修施設を運営>/自社農場だけでなく契約農家を募り、農産物を購入することも検討

人気ラーメン店「博多一風堂」を展開する(株)力の源カンパニーの農業・複合施設事業について、追加情報を掲載しておく。同社は「現在、計画段階で、来年の稼働を目指している」としており、稼働すれば福岡を代表するラーメン店の観光施設および研修施設として話題になりそうだ。
 
 
同社が計画しているのは大分県竹田市久住町白丹7549の農地と周辺の土地を含めた約52ヘクタール。以前、くしふるの里という企業が運営していた野菜畑、レストラン、体験施設などを同社が2009年11月に購入。同社も同年10月に農業生産法人(株)くしふるの大地を設立し、本腰を入れて施設の建設に取り掛かっている。
 
 
同所の施設建設計画は、同社が現在、業務提携を結ぶ大分県久住町の和太鼓演奏集団「TAO」との縁から生まれたようだ。阿蘇くじゅう国立公園の美しい自然のなかにある「TAOの里」(約4万m2)の隣にこの地はある。自然と触れ合いながら調理技術を学べる研修施設や、体験農業など新しい価値を発信・提供できるような施設となる予定としている。一風堂とTAOで世界の人々が集うこれまでになかった新しいコミュニティを造りあげていく構想もあるという。
 

===以下、2010年7月27日の記事===

「一風堂」力の源カンパニーの農業参入/他業種より外食企業の成功が多い理由

ラーメン店「一風堂」を展開する力の源カンパニーは、今月から大分県竹田市でスイートコーンなどの農産物の生産を開始した。昨年10月に設立した農業生産法人:くしふるの大地が竹田市内の農場(約3ヘクタール)で栽培。2013年度に売上高1500万円を目指す。
 
 
生産するのはネギ、タマネギ、ジャガイモ、トマトなど。同社は自社農場だけでなく契約農家を募り、農産物を購入することも検討している。自社生産した農産物は展開するラーメン店などで食材として使用するほか、食材の共同仕入れを目的に和食レストランの梅の花などと共同運営する「CBS有限責任事業組合」を通じて、他社の外食チェーン店にも供給する。11年度中に農場の隣接地に観光・体験農園エリアを開設し、将来的には周辺地域にレストランや温泉・宿泊施設も設ける計画である。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る