外食・小売業界による中国進出(三越伊勢丹/弁当販売「ほっともっと」プレナス)

一時期は落ち着いた感があった日本企業による中国進出だが、国内市場における景気後退やデフレ、長期的にも市場規模の拡大が見込めないと判断する企業も多く、ここにきて中国や海外市場への進出・店舗拡大をはかる企業が増えてきた。
 
 
先日は大戸屋のベトナム現地での植物工場建設に関するニュースを掲載したが(詳細記事)、持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開するプレナスは今月29日に、中国・北京に新店舗をオープンする。
 
 
中国でのブランド名は「Hotto Motto 好麦道(ハオマイダオ)」。中国第一号店の「中関村鋳誠大厦店」は、オフィスビルの1階約97平方メートルに出店。情報技術(IT)企業などのオフィスや大学、住宅が集まる中関村地区で、日常食としての需要が期待できるとみている。同店の売り上げ目標は、月360万円。店内には、飲食スペースも5席設けている。
 
外食・小売業界による中国進出(三越伊勢丹/弁当販売「ほっともっと」プレナス)
 
 
同社はタイの企業とフランチャイズ契約を結んで、2006年3月から定食屋「やよい軒」をタイで展開しているが、持ち帰り弁当店を海外で展開するのは初めて。プレナスによると、中国での日本企業の弁当販売店も例がないという。
 
 
食材は中国で調達するが、日系企業の現地工場で精米した米を軟水で炊いたり、一部の野菜は農薬検査を通過したものを使ったりして、ブランド力と安全性の実現に注力した。中間層以上をターゲットにしており、のり弁当(16元=約211円)やから揚げ弁当(17元=約224円)など、日本でも人気のメニューを取りそろえた。
 
 
現地の食品加工会社と、東京に本社を置く貿易会社と3社で中国での店舗を運営する合弁会社「北京好麦道餐飲管理有限公司」を7月中にも設立。資本金約2億7千万円のうち、55%をプレナスが出資する。今後5年間で、中国国内に200店舗の出店を目指す。
 
 
 
こうした中国進出は外食企業だけではない。大手デパートの三越伊勢丹ホールディングスは、天津市で農業事業に参入し、日本の技術を用いて作った野菜や果物を現地で販売することにしている
 
 
同社は、中国の天津市で市から農地を借り受け、来月から農業事業を新たに開始。宮崎県の農業法人と提携して、ミニトマトや大根、それにイチゴなどを生産し、天津市にある伊勢丹の店舗で独自のブランドとして販売する計画で、日本の大手デパートが中国で農業事業に参入するのは初めて。
 
 
中国では、安全で質が高いとして日本製の食品の人気が高まっているが、輸入規制から台湾などを経由して中国国内に持ち込まれることが多い。例えば中国(北京・上海)や台湾・香港、ロシアでも人気が高まっている「あまおう:イチゴ」も直接、中国国内に輸入することができないのが現状である
 
 
リンゴなど一部しか輸入が認められない中国では、日本で生産した農作物を輸出するのではなく、日本の栽培技術を活用して現地で栽培することを選択する企業も多い。国内で品種改良を重ねた種を使ったり、日本の厳しい安全基準を満たした農薬を使ったりするなど、日本の農業のノウハウを導入して、日本の農産物と同等の安全性や品質を確保すれば、需要が見込めることから、同社でも中国天津市での農業参入を決定した、という。
 
 
今後も海外の現地農地を活用した露地栽培、ハウス・施設栽培、さらには植物工場(太陽光利用型/完全閉鎖・人工光型)の進出が増えていくだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る