韓国の大手ディスカウント・スーパーのロッテマートが店内に植物工場を設置

韓国ロッテグループは、食品・流通、レジャーやホテル事業、さらには金融や情報通信、重化学分野にも参入している巨大グループ企業であり、今回は大手ディスカウント・スーパーである「ロッテマート」が、韓国流通業界では初となる野菜工場「幸せガーデン」をソウル駅店に設置した設置面積は30?ほどで、最大で月に2000株程が生産可能だという。
 
 
今回の植物工場設置は、国内の工場野菜の認知・普及が目的であり、将来的にはロッテマートが保有する工場内に大規模な生産設備を導入して野菜の生産・販売に乗り出す計画。
さらに同社では、加工ができる食品工場と併設させることで、カット野菜などの提供も視野に入れているようだ。韓国では、LG電子も農業分野へ参入している。その他、複数の韓国大手企業が植物工場システムの研究開発、さらには自社工場の運営を視野に入れているようだ。
 
 
韓国の大手ディスカウント・スーパーのロッテマートが店内に植物工場を設置
韓国の大手ディスカウント・スーパーのロッテマートが店内に植物工場を設置

写真:朝鮮日報より