両備HD/産業技術総合研究所・米国研究機関と発電システムを利用した植物工場の実験へ

産業技術総合研究所と両備ホールディングス(岡山市)は、岡山市内の遊園地跡地に発電システムを設置し、米国の研究機関とも協力して発電性能などを検証する。発電した電気は新たに設置する植物工場の野菜生産に利用され、栽培研究も実施する計画である。
 
 
実験は、快晴が多く乾燥した米コロラド州と、温暖で湿度が比較的高い岡山市に同じ設備を置き、気候の違いが発電性能にどう影響するかを調べる。設備は年内に完成見込みで、実験期間は最長5年の予定。設置する植物工場は年間16万9200株の野菜が栽培可能で、生産した野菜は両備HDが展開するスーパー等で販売する予定である。
 
 
もちろん発電システムで供給される電力だけでは、植物工場の運営エネルギーを全てまかなうことができず、地元の電力会社の協力を得ているという。公共交通事業などを展開する両備HDは、2009年春頃から植物工場の研究を始め、今では顧客の要望に応じた形(例:太陽光パネルを設置したもの等)の植物工場を開発・販売している<詳細記事>。今後も様々な大規模実験や植物工場システムの販売に力をいれていくようだ。