太陽熱を利用して海水から真水を精製。技術とアイデアで水資源問題を解決「The Watercone」

今回は太陽熱を利用して海水から真水をつくる道具「The Watercone」をご紹介したい<詳細サイト>。使い方は非常にシンプルで、海水を入れた容器に太陽熱を当て、蒸発して容器に付着した結露を全て回収する、というもの。もちろん熱によって病原菌も殺菌できるという優れモノで、一日あたり約1.6リットルの飲料水を確保できるという。


この浄水装置「The Watercone」は、ポリカーボネートで作られており非常に丈夫な素材。途上国で利用する場合、普段とは異なるような環境を想定しなければならないが、耐久性があることは非常に重要なポイント。さらに持ち運びも可能であり、教育を受けていない子供でも、誰でも使用できることもポイントの一つである

海水を真水にかえる浄水装置「Water Cone」
海水を真水にかえる浄水装置「Water Cone」
海水を真水にかえる浄水装置「Water Cone」

詳細サイト: Waterconeウェブサイト
その他: コペルニク(Kopernik)ウェブサイト
  テクノロジーを活用したアイデア・製品を途上国に提供するNPO団体