景気の影響を受けモヤシの消費拡大。種となる中国産:緑豆の価格高騰で販売しても利益にならないモヤシ・ビジネス

最近は天候不順による野菜価格の高騰も落ち着きつつあるが、以前として景気の低迷が大きく改善されたとは言い難い。こうした中、安価で価格変動の少ない「もやし」の売れ行きが好調のようだ。関東に展開するスーパーのいなげやは、1袋240グラムに2割増量した商品の売り場を拡大し、土曜日は25%の値引きで集客の目玉商品にしている。
 
 
モヤシの小売価格は100グラムあたり15?20円。現在、同35円のレタスや同43円のキュウリなどと比べ割安。料理のかさが増えることもあり、節約したい消費者の強い味方となっている。天候不順で野菜が軒並み値上がりした4月は割安感が特に強まり、総務省によると、全国の2人以上世帯(農林漁家世帯除く)の購入量は前年同月比17%増の713グラムとなった。

こうした消費拡大に対してメーカー側も対応に迫られており、例えばメーカー最大手の成田食品の工場(栃木県真岡市)では、原料豆が約10日間で袋詰めされるまでに成長させ、関東のスーパーや生活協同組合に次々と納入している。
 
景気の影響を受けモヤシの消費拡大。種となる中国産:緑豆の価格高騰で販売しても利益にならないモヤシ・ビジネス

<成田食品HPより引用>

 
同社によると、4月の出荷量は前年同月比3割増、5月は2割増。鈴木与市工場長は「6月に入り引き合いは少し落ち着いたが、12カ所ある育成室を7月中に4カ所増やす」と話している。
しかし、もやし業者は手放しでは喜べない状況である。モヤシの消費拡大に対して、生産能力に限界がある上、現在主流のもやしの種となる「緑豆」は、ほぼ輸入に頼っており、主力の中国産が高騰しているためだ。つまり、売っても、売っても赤字になる可能性がある、ということだ。
 
 
もやしの種となる緑豆は、9割が中国からの輸入で、09年秋に収穫された緑豆の取引価格が08年産より約6?7割高と高騰した。主産地の吉林省や内蒙古自治区などが干ばつに見舞われたことや、中国国内での緑豆を使った加工食品や漢方薬としての需要の高まりが原因とされ、業者は緑豆を確保するのに苦労している。
 
 
中国では、09年の緑豆収穫量が平年の6?7割にとどまり、中国国内の需要も増加。モヤシ原料の争奪戦が起きている状態である。それでも、5月の輸入価格は前年同月比約2倍の1トン2600ドル前後となっており、日本国内の消費拡大に対応すべく、原料となる緑豆価格が高くても、購入せざるを得ないのが実情である。
 
 
スーパー等では特売商品の対象になることが多いモヤシ。今のデフレ状態では、コスト上昇分の価格転嫁は困難である。全日本豆萌工業組合連合会によると、中小を軸に全国約200社あるメーカーに淘汰の波が押し寄せているようで、今後は収益が出ないモヤシ・ビジネスの現状を打破するための取組み・工夫が必要となるだろう。
 
 
※ 5月9日asahi.com(朝日新聞社)、6月9日日本経済新聞、成田食品WEBサイトを参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る