景気の影響を受けモヤシの消費拡大。種となる中国産:緑豆の価格高騰で販売しても利益にならないモヤシ・ビジネス

最近は天候不順による野菜価格の高騰も落ち着きつつあるが、以前として景気の低迷が大きく改善されたとは言い難い。こうした中、安価で価格変動の少ない「もやし」の売れ行きが好調のようだ。関東に展開するスーパーのいなげやは、1袋240グラムに2割増量した商品の売り場を拡大し、土曜日は25%の値引きで集客の目玉商品にしている。
 
 
モヤシの小売価格は100グラムあたり15?20円。現在、同35円のレタスや同43円のキュウリなどと比べ割安。料理のかさが増えることもあり、節約したい消費者の強い味方となっている。天候不順で野菜が軒並み値上がりした4月は割安感が特に強まり、総務省によると、全国の2人以上世帯(農林漁家世帯除く)の購入量は前年同月比17%増の713グラムとなった。

こうした消費拡大に対してメーカー側も対応に迫られており、例えばメーカー最大手の成田食品の工場(栃木県真岡市)では、原料豆が約10日間で袋詰めされるまでに成長させ、関東のスーパーや生活協同組合に次々と納入している。
 
景気の影響を受けモヤシの消費拡大。種となる中国産:緑豆の価格高騰で販売しても利益にならないモヤシ・ビジネス

<成田食品HPより引用>

 
同社によると、4月の出荷量は前年同月比3割増、5月は2割増。鈴木与市工場長は「6月に入り引き合いは少し落ち着いたが、12カ所ある育成室を7月中に4カ所増やす」と話している。
しかし、もやし業者は手放しでは喜べない状況である。モヤシの消費拡大に対して、生産能力に限界がある上、現在主流のもやしの種となる「緑豆」は、ほぼ輸入に頼っており、主力の中国産が高騰しているためだ。つまり、売っても、売っても赤字になる可能性がある、ということだ。
 
 
もやしの種となる緑豆は、9割が中国からの輸入で、09年秋に収穫された緑豆の取引価格が08年産より約6?7割高と高騰した。主産地の吉林省や内蒙古自治区などが干ばつに見舞われたことや、中国国内での緑豆を使った加工食品や漢方薬としての需要の高まりが原因とされ、業者は緑豆を確保するのに苦労している。
 
 
中国では、09年の緑豆収穫量が平年の6?7割にとどまり、中国国内の需要も増加。モヤシ原料の争奪戦が起きている状態である。それでも、5月の輸入価格は前年同月比約2倍の1トン2600ドル前後となっており、日本国内の消費拡大に対応すべく、原料となる緑豆価格が高くても、購入せざるを得ないのが実情である。
 
 
スーパー等では特売商品の対象になることが多いモヤシ。今のデフレ状態では、コスト上昇分の価格転嫁は困難である。全日本豆萌工業組合連合会によると、中小を軸に全国約200社あるメーカーに淘汰の波が押し寄せているようで、今後は収益が出ないモヤシ・ビジネスの現状を打破するための取組み・工夫が必要となるだろう。
 
 
※ 5月9日asahi.com(朝日新聞社)、6月9日日本経済新聞、成田食品WEBサイトを参考に記事を作成
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
ページ上部へ戻る