オランダ各社の植物工場技術を結集。中東UAEのピュア・ハーベスト社がトマトを初収穫

 UAE・アブダビにて展開するピュア・ハーベスト社の太陽光利用型植物工場が、ようやくトマトの初収穫を実施した。同社の施設は、太陽光利用型では世界トップの技術ノウハウを保有する、オランダ各社がタッグを組んで建設・運営サポートを行っている。

[関連記事] UAE植物工場のピュアハーベスト社、現地ファンドから約1.7億円を調達

UAE植物工場のピュアハーベスト社、現地ファンドから約1.7億円を調達
初収穫イベントには、オランダ・UAEの両政府関係者や投資家も参加。今回のプロジェクトでは、オランダ企業6社が連携しながら、チーム・オランダとして植物工場の建設・稼働後のサポートを行っている。

具体的には、温室ハウスメーカーのCerthon社、栽培ルーム内の複合環境制御型システムでは、日本でも導入実績が多いPriva社を採用している。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。