ジャム業界では国内トップブランド。50%以上のシェアを持つアヲハタ。今後のジャム業界は2極化

ジャム業界の大手「アヲハタ(株)」の加工工場を見学させて頂きましたので、簡単に取材メモや関連情報を掲載いたします。
 
アヲハタ(株)は、みかんの缶詰加工とオレンジママレードなどのジャム類の製造を目的として、1932年に広島県竹原市忠海で創業した。「農産加工の美味しさは、その原料によって7割が決まる」の信念のもと、当時すでに柑橘類の最優良産地であった瀬戸内に位置する当地を選び、産地の真ん中で良質の原料選びと技術中心の経営を進めてきた、という。
 
 
ジャム業界では「アヲハタ」は国内トップブランド。中でも家庭用びん詰ジャム市場での市場占有率は約50%で、低糖度ジャムでは約70%のシェアを獲得している。売上高が約196億円(H21年度)。
 
ジャム業界では国内トップブランド。50%以上のシェアを持つアヲハタについて
ジャム業界では国内トップブランド。50%以上のシェアを持つアヲハタについて

<数値はH21年10月期決算より>

アヲハタジャム
<見学の際に頂いたジャム>

 
 
「アヲハタ」ジャムは国内市場のみに流通している。海外展開が難しいのは、日本と欧米のジャム嗜好の違いがあるからだ。海外の朝食で出されるジャムは非常に糖度が高く、甘過ぎると感じた人も多いはず。逆に日本の場合は低糖度ジャムが人気である。ただし糖度が45?50%以下になると液体状になってしまいカビが生えやすいことが最大のデメリットである。「アヲハタ」でも、低糖度ジャムも販売しているが、多くの商品が糖度60%くらいのもの。
 
 
同社では工場見学だけでなく、ジャムの製造体験(手作り)もできる。手作り体験は団体の観光客や子供の食育向けなど、大勢の人々が参加・申し込まれているようだった(見学・手作り体験の申込サイト)。見学させて頂いた工場では、1分間に300本(レーンが2つあり、一つが100本。もう一つが200本)、一日にすると15万本のジャムが製造されていた。
 
 
 
細部に渡るまでのトレースアビリティは当然のこと、客の要望・ニーズに合った商品づくりが徹底されている。最近の消費者は、本物の果物(生)を食べる機会がなく実物を知らないことも多い。例えば、果物の中に種があるイチジクをそのままジャムにしてしまうと、多くのお客様から異物ではないかと、問合わせ・質問が多かったことから、消費者の不安を無くすためにも、種を一つずつ取り除いている。
 
 
 
同社の信念でもある農産加工の美味しさは、その原料によって7割が決まるということから、原料(果物)の調達先確保には、相当のコストと時間をかけている。現在の調達先は、ほとんどが海外であり、例えばブルーベリーはカナダから調達。
 
 
こうした生産現地との交渉は非常に困難な作業であり、自社が要求する規格・品質の果物を生産してもらうためには、継続的な研究を生産農家と一緒に実施しなければならない(さらには大学、農家、自治体等が連携して品種開発を行う場合もある)。以前は主にアメリカ・カナダを中心に調達していたが、最近では中国に変更した果物もある。
 
 
例えば、イチゴはカリフォルニアから調達していたが、現在は主に中国からである中国での契約栽培メリットは、自由に品種を持ち込みながら研究することができる点にある。しかし、安全・安心や自社の要望・要求をしっかり守ってくれるのか、こうした交渉や指導には相当の時間がかかったようだ。
 
 
 
このようにして日本の消費者の嗜好にあったジャムが製造されており、市場に流通しているジャムはイチゴ、マーマレード、ブルーベリーの3つで8割のシェアとなり、その他の新商品も定期的に販売しているものの、はやり定番ジャムが強いという。以前にはバナナジャムや野菜ジャム(サツマイモ)も開発してみたものの失敗した。
 
 
どこのスーパーやコンビニでも見かける「アヲハタジャム」。50%以上のシェアを持つ同社に対して、最近では高価格帯のジャム:コンフィチュールという言葉を提案しながら、新たなカテゴリー・市場を生み出そうと試みている企業も多い(コンフィチュールはフランス語。ジャムと同じ意味)。
コンフィチュールは種類豊富で、果物に酒やお酢などを混ぜた商品など、各社がこぞって新商品を開発している。
 
 
例えば、百貨店などへの販路を拡大しつつある企業の一つにセゾンファクトリー社などがあるが、こうした低価格帯のジャムに対して、より付加価値を付けた形(高級感のあるパッケージデザインや新たな組み合わせの商品、さらにはライフスタイルの提案まで)といったジャム市場の2極化が、今後も進んでいくのではないだろうか。
 
ジャム業界では国内トップブランド。50%以上のシェアを持つアヲハタ。今後のジャム業界は2極化が進むのか・・・
<セゾンファクトリーのコンフィチュール>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る