両社の経営資源ノウハウを強みに「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープン

 楽天株式会社と合同会社西友は、10月25日、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープンした。

両社の経営資源ノウハウを強みに「楽天西友ネットスーパー」をグランドオープン
「楽天西友ネットスーパー」は、楽天が有する楽天ID数約9,900万の強固な会員基盤やECの知見、西友が実店舗で培ってきた生鮮食品の販売をはじめとするスーパーマーケット運営のノウハウといった、両社の強みを活用しながら協働運営するネットスーパー事業です。

本サービスの最大の特長は、豊富な品揃え、お客様のニーズに応える十分な配送キャパシティ、楽天IDとの連携の3点です。


「豊富な品揃え」
西友が得意とする「低価格」と「質」の両方を実現した生鮮食品をはじめとする食品や日用品を提供するほか、時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品、「楽天市場」で人気のお取り寄せグルメ、さらには農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)」の有機野菜や有機野菜サラダなど、最大20,000品目を取り揃えます。

ミールキットについては、育児中のママ・パパを対象とした会員プログラム「楽天ママ割」との共同開発商品も展開します。

*商品により、お届けできるエリアが異なります。


「ニーズに応える配送キャパシティ」
西友の実店舗からのお客様宅へのお届けに加え、千葉県柏市のネットスーパー専用センター、および都内数カ所に設置した配送拠点を本格稼動します。専用センターには冷蔵・冷凍庫を完備し、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品を保管します。本センターを中心に各配送拠点を活用することで、受注可能件数を最大化し、お客様のご希望の時間に新鮮な生鮮食品をはじめとする商品のお届けを可能にします。


「楽天IDとの連携」
楽天IDとの連携により、楽天IDをお持ちのお客様は、登録済みの住所やクレジットカード情報などを利用してスムーズに本サービスで買い物し、「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができます。

昨今、共働き世帯の増加およびライフスタイルの変化により、国内のネットスーパー市場は拡大を続けています。一方、既存の事業者では配送や品揃えの観点から高まるニーズに充分に対応しきれていないのが現状です。

楽天と西友は、「楽天西友ネットスーパー」のサービス提供を通じ、日本のお客様のニーズにきめ細やかに応えることで、ネットスーパーのリーディングカンパニーを目指してまいります。

なお、本サービスは、楽天とウォルマート・インク(本社:米アーカンソー州ベントンビル、ウォルマート社)が2018年1月に発表した戦略的提携の一環です。米国では2018年8月22日に、電子書籍サービス「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」の提供を開始しています。


【楽天西友ネットスーパー概要】
■名称:楽天西友ネットスーパー
■展開エリア:16都道府県 *一部お届けできないエリアがございます。
■取り扱い商品:最大20,000品目
■配送料:一定金額以上のご注文で送料無料、それ以下の場合は税込432円
■会費:入会費・年会費とも無料
■URL:https://sm.rakuten.co.jp/
■受付時間:年中無休、24時間受付が可能(システムメンテナンス時を除く)

■宅配時間:
・注文した日から、3日後までの午前10時から午後10時までの6つの時間帯で指定配達可能。
・ご注文から最短4時間でお届け。午後3時までに注文をいただければ当日配達可能。
*一部エリアでは対応していない時間帯がございます。

■決済:
・クレジットカード、代金引換(手数料税込324円)、電子マネー(楽天キャッシュ)、楽天スーパーポイントからお選びいただけます。
・お買い上げ金額100円につき、楽天スーパーポイントを1ポイント進呈
・ウォルマートカードでのお支払いの場合、2%の優待割引
*酒などの一部商品は除く


[関連記事] 西友、日本糖尿病協会監修の健康配慮型弁当を日本で初めて発売

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。