太陽光利用型の植物工場にて世界初の結球野菜技術:百年野菜のアグリポピュレイションジャパン

百年野菜ブランドを展開する(株)アグリポピュレイションジャパンの代表取締役である山根正義氏は、1990年から水耕栽培野菜に取り組み、長年の研究・試行錯誤により、2004年にヤマネ式循環養液栽培技術を確立。2005年に同社を設立し、様々な野菜の生産・販売、そして技術の普及活動を行っている。
 
 
ヤマネ式循環養液栽培は、太陽光(自然光)を利用した「養液栽培」である。また、多段化することで栽培密度を上げながら、通常の植物工場では難しいキャベツや白菜のような結球野菜、キュウリ、トマトといった果菜類も全て栽培することが、同社の強みである

特に人工光を利用した完全閉鎖型の植物工場では、リーフレタスのような葉が広がった野菜しか栽培することができず、現在のところ、完全閉鎖型・植物工場で栽培した結球レタスは市場に流通していない
 
レタスの種類(結球、リーフレタス、サンチュなど)

<結球したレタスや葉が広がったリーフレタス、サンチュもレタスの仲間>

 
ヤマネ式循環養液栽培は「100年後の未来の子供たちのために」という理念から百年野菜と命名し、ブランド化している。現在は、兵庫県と北海道の2ヶ所で実証プラントを稼働させており、北海道函館市にあるプラントは寒冷地用実験プラントとして300坪弱を運営。
 
 
主力プラントは姫路にあり、1090坪(≒3600平方メートル):150m×24mのスペースに幅1mの1〜4段ライン(多段式)が11列並び、トマト・キュウリ・ナスなどの果菜、ホウレン草・小松菜・水菜などの葉菜、レタス・キャベツなどの結球野菜など、09年4月現在では16種類の野菜を栽培している。
 
ヤマネ式循環養液栽培(姫路プラント)
ヤマネ式循環養液栽培(姫路プラント):クリックすると拡大できます

ヤマネ式循環養液栽培(姫路プラント)<HPより引用>
<ヤマネ式循環養液栽培:姫路プラントの様子:HPより引用>

 
同社の技術コアは、山根氏が長年の研究・試行錯誤の上に確立させた養液管理にある。特に、化学合成肥料や天然資材以外の農薬は一切使わない、無機栄養素(天然ミネラル)・有機酸の配合比率や最適温度管理にノウハウがあり、温度管理技術を活用することで、工場全体の空調は必要なくランニングコストも抑えることができる(もちろん一部の技術は特許出願済み)。
 
 
こうした養液管理により、根の有用微生物や細菌群を安定に保持させ、化学的な殺菌や農薬を使用することなく病害虫の発生を防いでいる。養液は完全に循環させており廃液はゼロ。作物の吸い上げにより減った分だけを補給し、万が一、病害が発生した場合には養液を廃棄するのではなく、天然ミネラル・有機酸のコントロールにより有用微生物を活性化・増殖させ、病害菌を抑制させることができる点は、同社の技術的な強みである。
 
 
栽培された野菜の栄養価が高いことはもちろんのこと(詳細データ)、一般的な水耕栽培の野菜よりも味が濃いのが特徴である。生産された野菜は、兵庫県内のデパート、スーパーに出荷している「野菜セット」は、常に完売で品薄状態が続いており、取引量の拡大を求められているほどの人気。例えば、東京・銀座「ラ・ベットラ」のオーナーシェフである、落合務氏も同社の野菜を高く評価している(例:過去のブログ)。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る