ベトナムのリーソン島、日本へ紫タマネギを輸出。産地ブランドとして高い評価

植物工場IT活用事例セミナー

 ベトナムのリーソン島では今年、日本企業からの依頼にて、特産品である紫タマネギを500トン輸出した。リーソン島は農業が盛んで、産地ブランドとしても広く知られている。

特産品は、ニンニク、玉ナギ、海産物などであり、2007年にはベトナム国家知的財産庁から「産地ブランド」として認可を受けている。

21,000人ほどの住民に対して、その73%が、ニンニク・タマネギなどの生産にて生計を立てている、という。

ベトナムのリーソン島、日本へ紫タマネギを輸出。産地ブランドとして高い評価
紫タマネギを輸出する際、日本からの高い品質要求を満たすべく、安全性チェックや原産地表示なども行っている。

現地の農家も、高い品質要求に答えることが、商品の高付加価値化につながり、海外市場にて高値で販売できることを認識しつつあり、技術導入や対策を講じる農家も増えている、という。

昨年には、約2,000万円をかけて、ニンニクのハイテク温室ハウスを建設している。こうした技術導入について、自治体としても積極的な支援を行っている。

[関連記事] ベトナム、ニンニクの周年生産・世界ブランド強化のためハイテク温室を建設


玉ねぎの収穫期間は6月~12月まで。リーソン島では昨年、1,000haの農地にて、ニンニクを約2,500トン、紫タマネギを6,500トン生産した。

特にニンニクは、高級ブランドとして評価も高い。2015年には、タイに約40トンの黒ニンニクを輸出しており、日本市場に対しても、紫タマネギのほか、有機栽培での黒ニンニクやガーリック・オイルなどの輸出を今後は計画している、という。