楽天ソシオビジネス、農福連携・人工光型植物工場を静岡県磐田市に建設

植物工場IT活用事例セミナー

 楽天株式会社の特例子会社である楽天ソシオビジネス株式会社は、静岡県磐田市に障がい者雇用を行う、人工光型植物工場を建設する。

同社の植物工場ビジネスは、2015年9月に東京都大田区に続く二例目となり、今回新設する工場は既存の工場と比較して、約3倍の生産量を見込んでいます。

年内の稼働に向けて、今月6月から管理者の募集を始め、本年秋頃に地域での障がい者雇用の募集を開始する予定です。

日産200kg、建築面積696㎡の植物工場を建設

また、同工場における事業は、静岡県磐田市が「磐田市産業振興計画」において推進する次世代型農水産業に、楽天ソシオビジネスが参画する形での運営となります。

別プロジェクトとしては、トヨタネ(株)による太陽光利用型植物工場による種苗生産も計画されている。

植物工場は、人工光型の水耕栽培による野菜生産となっており、栽培室の温度、光、肥料濃度など、状況に合わせて環境を自動制御する機能により、作業者の負担が軽減され、就労時間も安定することから、障がいのある方でも比較的働きやすい環境となっています。

同工場では、2018年度内をめどにレタスなど葉物野菜の生産を開始し、楽天グループの東京本社内の社員食堂に提供するほか、磐田市内への出荷も計画しています。


■「楽天ソシオビジネス」について:
 ・社名:楽天ソシオビジネス株式会社
 ・代表取締役社長:杉原 章郎(楽天株式会社 常務執行役員
          グループマネージングエグゼクティブオフィサー)
 ・本社所在地:東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
 ・設立日:2007年12月5日
 ・資本金:10,000千円(楽天株式会社100%出資)
 ・従業員:162名(うち、障がい者136名)※2018年5月1日時点
 ・主な事業概要:「楽天市場」をはじめグループ会社からのグループ内アウトソーシング業務および自社運営事業
 ・会社HP: https://corp.rakuten.co.jp/socio/


[関連記事]
楽天の特例子会社が障害者雇用型の植物工場施設を稼働、野菜の社員食堂への提供スタート
楽天グループ、生鮮食品宅配サービス「楽天マート」の全国展開を開始
楽天とテレファーム、地域支援型農業(CSA)サービス「Ragri」を開始