JALと和郷、共同出資会社にて農業事業へ参入。観光農園やPB商品の販売へ

植物工場IT活用事例セミナー

 日本航空株式会社(JAL)と、株式会社和郷は、共同出資会社「JAL Agriport株式会社」を設立して農業事業へ参入し、千葉県成田市での観光農園の運営と、プライベートブランド商品の販売などを開始する。

JALと和郷、共同出資会社にて農業事業へ参入。観光農園やPB商品の販売へ
JAL Agriportは千葉県成田市に、いちごやさつまいもなどの収穫体験やお食事をお楽しみいただける体験型農園施設を開園します。

近郊にお住まいのお客さまをはじめ、成田空港をご利用される国内外のお客さまにも訪れていただける仕組みを構築し、2020年に向けて増加が予想される日本を訪問する外国人のアクティビティの一つを担います。

JALと和郷、共同出資会社にて農業事業へ参入。観光農園やPB商品の販売へ
また、JAL Agriportをはじめ、千葉県各地で栽培した農産品を用いたプライベートブランド商品の開発・販売のほか、千葉県の農産品も販売します。

将来的には、成田空港に隣接して整備予定の新生成田市場(※)との連携を視野に展開し、地域の逸品を世界に発信してまいります。


(※)2020年の開場を目指し成田市が整備を進めており、従来の市場機能に加え、衛生管理の整った加工施設やワンストップ輸出拠点機能など、新たな付加価値を備えた市場


「インバウンド」「観光」「農業の6次産業化」など日本の重要課題に取り組むJAL Agriportは、地元・空港・航空会社の新たな関係性を生み出します。

国内外の多彩なネットワークを有するJALと、農業に関する知見・ノウハウを有する和郷は、両社の強みを活かし、日本の高品質な農産品を世界にアピールしてそのファンを増やすことで、世界の「ひと」と日本の「もの」を結ぶとともに、JAL Agriportを足掛かりに全国の地域のみなさまに喜んでいただけるようチャレンジしてまいります。