5月アグリ研究会:「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」当日の様子・内容についての報告

5月20日に開催されました「アグリジビジネス研究会:農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」に関する報告です。前半はNPO法人農商工連携サポートセンター:大塚 洋一郎 様、後半は船井総合研究所:山田 浩太 様(農業・バイオマスコンサルティングチーム リーダー) の講演・発表となりました。

 

  • 研究会の発表内容
    今回の研究会には22名が参加されました。今回は植物工場ではなく、「農商工連携」と「リサイクル・循環型農業」をテーマにしました。露地・土壌栽培でも、施設栽培・植物工場でも、農作物の生産・販売だけでは利益を確保することが難しく(付加価値をつけることが難しい)、はやり生産・加工・流通といった川上〜川下までを網羅する事業拡大モデルが最近の成功事例の傾向となります。
     
    こうした事業拡大モデルを構築するための鍵となるのが農商工連携である。農商工連携では、農林水産業と加工(工業)または流通企業が、通常の商取引よりもう一歩踏み込んだ連携を通して、魅力ある新しい製品やサービスを創造し、地域経済・雇用に貢献することが最大の目的である。
     
    当日の発表では、大きな変革点(法的側面)として、2008年7月に施行された「農商工連携促進法」と2009年12月に施行された「農地法改正」の2つを挙げていた。特に農地法では「農地は耕作者が所有するもの」という原則を「農地は地域資源であり、農地の適正・効率的な利用をはかる」として、根本的な目的自体を変えてしまったことは大きな変革点(=ビジネスチャンス)となるだろう。
     
    農商工連携の認定事業では、大きな枠組みでの傾向(農作物の商品開発が多く、サービス事業、林業や水産業分野の連携は少ない等)を示しながら、成功モデル事例について、独自の見解・調査内容を発表された。
     
    5月アグリ研究会
     
    また後半の発表・講演では、同社がなぜ食品リサイクル・循環型農業に注目したのか。一般的に言われている食料自給率や食の安全・安心といった表面的な理由だけでなく、さらに深いレベルでの国内農業における課題・ビジネスチャンスがあると考えた理由を示しながら発表して頂いた。
     
    特に国内農業の実態として農業者の年齢構成、農地・耕作放棄地の問題食料問題よりも、先に直面するのは“肥料問題”。世界的な人口爆発・食料需要の増加と国内農業の現状・課題点といった独自視点での考察や実際に取り組んでいる事業についての発表が印象的であった。
     
    例えば、植物が成長するための必須要素はいくつかあるが、中でも重要なものが窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)の3大要素である。この3つの要素はどの肥料にも含まれており、窒素(N)は尿素から(さらに元をたどれば石油となる)、リン酸(P)やカリ(K)は鉱物資源が原料となる。そして、国内農業では、こうした尿素やリン鉱石といった原料の全量を輸入に頼っているのが現状である。こうした課題・現状を示すとともに、最終的には野菜の国内自給率の高さからリサイクル・循環型農業の必要性へとつながる点は、非常に納得する部分が多かった。
     
    → 当日のゲスト講師による発表資料/講演内容などをまとめたレポートは会員のみ閲覧可能です会員入会について

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る