5月アグリ研究会:「農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」当日の様子・内容についての報告

5月20日に開催されました「アグリジビジネス研究会:農商工連携/循環型農業の現状・事例、事業展開におけるヒント」に関する報告です。前半はNPO法人農商工連携サポートセンター:大塚 洋一郎 様、後半は船井総合研究所:山田 浩太 様(農業・バイオマスコンサルティングチーム リーダー) の講演・発表となりました。

 

  • 研究会の発表内容
    今回の研究会には22名が参加されました。今回は植物工場ではなく、「農商工連携」と「リサイクル・循環型農業」をテーマにしました。露地・土壌栽培でも、施設栽培・植物工場でも、農作物の生産・販売だけでは利益を確保することが難しく(付加価値をつけることが難しい)、はやり生産・加工・流通といった川上〜川下までを網羅する事業拡大モデルが最近の成功事例の傾向となります。
     
    こうした事業拡大モデルを構築するための鍵となるのが農商工連携である。農商工連携では、農林水産業と加工(工業)または流通企業が、通常の商取引よりもう一歩踏み込んだ連携を通して、魅力ある新しい製品やサービスを創造し、地域経済・雇用に貢献することが最大の目的である。
     
    当日の発表では、大きな変革点(法的側面)として、2008年7月に施行された「農商工連携促進法」と2009年12月に施行された「農地法改正」の2つを挙げていた。特に農地法では「農地は耕作者が所有するもの」という原則を「農地は地域資源であり、農地の適正・効率的な利用をはかる」として、根本的な目的自体を変えてしまったことは大きな変革点(=ビジネスチャンス)となるだろう。
     
    農商工連携の認定事業では、大きな枠組みでの傾向(農作物の商品開発が多く、サービス事業、林業や水産業分野の連携は少ない等)を示しながら、成功モデル事例について、独自の見解・調査内容を発表された。
     
    5月アグリ研究会
     
    また後半の発表・講演では、同社がなぜ食品リサイクル・循環型農業に注目したのか。一般的に言われている食料自給率や食の安全・安心といった表面的な理由だけでなく、さらに深いレベルでの国内農業における課題・ビジネスチャンスがあると考えた理由を示しながら発表して頂いた。
     
    特に国内農業の実態として農業者の年齢構成、農地・耕作放棄地の問題食料問題よりも、先に直面するのは“肥料問題”。世界的な人口爆発・食料需要の増加と国内農業の現状・課題点といった独自視点での考察や実際に取り組んでいる事業についての発表が印象的であった。
     
    例えば、植物が成長するための必須要素はいくつかあるが、中でも重要なものが窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)の3大要素である。この3つの要素はどの肥料にも含まれており、窒素(N)は尿素から(さらに元をたどれば石油となる)、リン酸(P)やカリ(K)は鉱物資源が原料となる。そして、国内農業では、こうした尿素やリン鉱石といった原料の全量を輸入に頼っているのが現状である。こうした課題・現状を示すとともに、最終的には野菜の国内自給率の高さからリサイクル・循環型農業の必要性へとつながる点は、非常に納得する部分が多かった。
     
    → 当日のゲスト講師による発表資料/講演内容などをまとめたレポートは会員のみ閲覧可能です会員入会について

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る