スマートアグリシンポジウム2018 東京(4/19) AI農業や植物工場へのIoT導入事例などを紹介

植物工場IT活用事例セミナー

 日本農業情報システム協会(JAISA)では、2018年4月19日、東京にて「スマートアグリシンポジウム2018」を開催する。本イベントでは「スマートアグリ」に取り組む9企業が、最先端のソリューション、センサー、サービスについて発表する。

スマートアグリシンポジウム2018 東京(4/19) AI農業や植物工場へのIoT導入事例などを紹介

■イベント概要
開催日時: 2018年4月19日(木) 13:30~17:00
開催会場: 日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
主催: 日本農業情報システム協会

お申し込み方法
下記のURLより申込お願い致します。
 http://everevo.com/event/42759


■プログラム
総合司会 NPO法人農業情報総合研究所理事長 植村 春香

1.13:00-13:05 開会の挨拶
 農林水産省 技術総括審議官 兼 農林水産技術会議事務局長 別所 智博
 「スマート農業への期待」

2.13:40〜14:35 セッション1
 テーマ:「IoTやAIの活用による農業イノベーション!」
 モデレーター:株式会社ビビットガーデン 代表取締役社長 秋元 里奈

 登壇企業:
 1)東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 
   ビジネスイノベーション本部プロダクトサービス部
   プロダクトイノベーショングループ プロダクト戦略担当・主査 五十嵐 征司
  「NTT東日本の農業分野におけるIoTを活用した取組み」

 2)PLANT DATA株式会社 代表取締役CEO 北川 寛人 
  「植物の声を聴く、植物生体情報プラットフォーム」

 3)株式会社自ゆう耕場 代表取締役 堀田 一司 
  「新規就農者がモニタリングシステムを作り始めたそのワケは? そして今ing」

3. 休憩

4.14:45〜15:40 セッション2
 テーマ:「生産から消費まで!フードバリューチェーンの未来」
 モデレーター:株式会社エーブリッジ 代表取締役社長 橋本 亜友樹
 登壇企業:
 1)イーサポートリンク株式会社 営業グループ 逸見 幸俊
 「SNSを活用した農場運営の効率化を目指して~農場物語からのご提案~」

 2)株式会社ビジネス・プログレス 代表取締役 田岡 賢輔
 「IoTデータと人の作業を効率的に連携・管理する「あぐりイベントマネジメント」」

 3)株式会社kikitori 代表取締役 上村 聖季
 「出荷データを活用した新しい卸売市場取引を目指して」

5.休憩

6.15:50〜16:45 セッション3
 テーマ:「農業ビッグデータによる次世代農業運営の姿」
 モデレーター :日本農業情報システム協会 広報ディレクター 入間川 愛
 登壇企業 :
 1)株式会社笑農和 代表取締役 下村 豪徳
 「スマート水田サービス paditch(パディッチ)」

 2)株式会社国際有機公社  代表取締役社長 吉田 剛 
 「健全な作物が育つ土壌を、複合土壌分析・診断で観て育む!」

 3)合同会社アグロインフォ 代表 曽根 廣尚 
 「最先端水耕植物工場におけるIoT導入事例」


JAISA 日本農業情報システム協会 URL https://jaisa.org/