アースデイ東京2018、IoTとAIを取り入れた都市型農業の体感イベントも

植物工場IT活用事例セミナー

 4/21,22(土・日)の二日間、代々木公園で開催されるアースデイ東京2018では、IoTとAIテクノロジーを搭載し、世界初のコミュニティー機能をも兼ね備えたSmart Planter™による都市型農業をイベント会場内で実践する。

アースデイ東京2018、IoTとAIを取り入れた都市型農業の体感イベントも
ブース内では、サイレントフェス®を実施し、野外フェスさながらのダンスタイムも予定しております。アースデイ東京では、食の課題や暮らしの未来を考え、体感していただく機会を提供し、SDGsへの貢献を目指しております。

アースデイ東京2018、IoTとAIを取り入れた都市型農業の体感イベントも
日本各地のエコビレッジや移動式住居モバイルハウスを集結させた、”co-village”ブースが登場する。エコビレッジブースの周りには、”移動” を前提とした居住スタイルを提唱する数台のモバイルハウスが登場いたしま す。試乗体験、コンセプトの紹介などのアクティビティを予定。


〈Smart PlanterTMとは〉
世界初、栽培する人が増えれば増えるほど自身で学習・進化してゆくプランター。 IoT、AIによる完璧な植物栽培アシスト機能に、solar powerで駆動し、ワイヤレスでどこにでも置けるモビリティ前提の設計。また、 コミュニティ機能も備え、野菜栽培を通じ人と人が繋がることもできます。


—-地球のことを考えて行動する日—
★アースデイ東京2018 開催情報★

【開催日時】2018年4月21日(土)・22日(日)2日間 ※入場無料 ※雨天決行
【会場】代々木公園B地区、けやき並木ほか
【来場予測】述べ10万人
【主催】アースデイ東京2018実行委員会
【実行委員長】C.W.ニコル
【後援】環境省、東京都、渋谷区ほか