日本生命、海外農地投資ファンドへ100億円の投資。農作物の売上・農地リース料によるリターンに期待

植物工場IT活用事例セミナー

 日本生命保険相互会社は、ハンコック・ナチュラル・リソース・グループ(HNRG社)」(マニュライフ・アセット・マネジメント・グループ傘下の運用会社)が運用する海外農地投資ファンドに、119百万豪ドル(約100億円)の投資を行う。当ファンドは当社初の農地投資ファンドへの投資となります。

日本生命、海外農地投資ファンドへ100億円の投資。農作物の売上・農地リース料によるリターンに期待
農地投資は、安定的な農作物の売上収入・農地リース料をベースとして、金融危機時も含め歴史的にトータルリターンは良好であり、今後も人口増加に伴う需要の高まりなどから高い収益性が期待されます。

さらに、株や債券等の伝統的資産と相関性が低いことから、分散投資効果による運用資産全体の収益安定化も期待されます。

また、社会公共性や長期投資といった観点から生命保険会社の資金特性と親和性が高く、国連食糧農業機関(FAO)が掲げる「Food Security(食料安全保障)」の達成に資するものと当社では考えています。

当ファンドでは、オーストラリアの農地への投資から開始し、その他の国への投資についても順次拡大します。

HNRG社が約30年にわたり蓄積してきた高い技術力やノウハウのもとで運用される当ファンドへの投資は、食料の安定供給、農家の収入安定化、環境に配慮した農地運営等により、社会的課題である「食の安定供給」に寄与するものと当社では考えています。