ネイチャーダイン、大規模生産に対応可能なオーガニック・プランター「SoBiC-PRO(ソビック プロ)」を販売

植物工場IT活用事例セミナー

 ネイチャーダイン株式会社(ND社)は、同社独自のフリーエネルギー駆動の自動野菜栽培システムSoBiC(Solar Pneumatic Bio Cycle System)を活用し、別次元の効率性で大規模な栽培生産にも対応できるSoBiC-PRO(ソビック プロ)を開発、今年の4月末から販売を開始する。

SoBiCシステムは太陽の日射熱による気圧変化を動力にしたフリーエネルギー駆動の自動野菜栽培システムである。

電気も機械も使わないシンプルな構造技術で、天然培地に自然のリズムで水を自律循環させる事で植物の生育に最適な環境を自動的に創り出す仕組みである。

ネイチャーダイン、大規模生産に対応可能なオーガニック・プランター「SoBiC-PRO(ソビック プロ)」を販売
2015年に基本システムが発明されて以降実用化が進められ、2017年に家庭用単槽タイプ(1株栽培)の「オーガニックプランター」として製品化し販売を開始。

SoBiC-PROは、家庭用の1株栽培ではなく、複数株の栽培を可能にする横置き型カートリッジバッグ形状の大型培土カプセルを採用している。

これを大規模生産にも対応できる簡易拡張型のパイプ型システムユニットにセットするだけで栽培生産ができ、より効率的な栽培が可能になる構造である。

ネイチャーダイン、大規模生産に対応可能なオーガニック・プランター「SoBiC-PRO(ソビック プロ)」を販売
設置は陽の当たる場所に置き、一般的な水道ホースを繋いで、培養土を入れたカートリッジバッグをセットし、種または苗を植える(トマトであれば3〜4株/ユニット)だけで、ほぼ放ったらかしでも非常に良く生育する。

枝支えや受粉補助、簡単な水位の調節や肥料の添加をしてあげるなど、手をかければその分収穫量も質も格段に向上させる事もできる。

収穫が終われば、カートリッジバッグを入れ換えるだけで、すぐに次の作物栽培が開始できる。従来のような、土作りや耕耘、雑草駆除、水やり、土壌改良など、重労働で技術と経験が要求されるような事が一切なくなる。

「農地不要」が最大のメリット

農業経営において「農地の取得」と「農地の整備や維持管理」に関わる経費が最大の負担で、支出の40%以上を占めている(下記農水省発表データ参照)。

農業免許を取得して安く農地を手に入れても、整地や土壌改良、土留費などがかかる場合、最大で1m2あたり6万円以上もかかる(田んぼ1反分だと6千万円になる)。

植物工場や水耕栽培の場合も農地は不要にはなりますが、それ以上に設備コストや電力、技術コストがかかり、生産できる作物もかなり限定されるので、抜本的な効率化には限界がある。SoBiCはこれら最大の負担を削減することができる。