東京農大と日立トリプルウィン、炭素繊維強化プラスチックを活用した植物工場の実証実験へ

植物工場IT活用事例セミナー

 東京農業大学と日立キャピタルのグループ会社で食・農事業を手掛ける日立トリプルウィン株式会社は、群馬県利根郡川場村において、サクラ化学工業株式会社が製造する新素材の炭素繊維強化プラスチック(CFRP*2)を活用した太陽光型植物工場(農業用ハウス)を設置し、2018年4月末より耐雪性・鳥獣被害対策を検証する実証実験を開始する。

東京農大と日立トリプルウィン、炭素繊維強化プラスチックを活用した植物工場の実証実験へ
CFRP農業用ハウスは、一般的な部材と比べて軽量かつ鉄の約10倍に値する強度を持つCFRPを活用するため、工事期間が短縮され、工事費の削減が可能となります。

東京農業大学は高い耐候性を有する本ハウスを設置し、冬季3シーズンにわたって同ハウスの管理および検証を行い、川場村がこれまで課題としていた積雪や暴風雨によるハウスの倒壊、野生鳥獣による農作物被害といった課題を解決するための研究データを蓄積していきます。

日立キャピタルグループは、約半世紀にわたって展開してきた農業分野での約73,000件の取引顧客基盤を活用し、日立トリプルウィンが全国の農業生産者に本ハウスの拡販を行っていきます。

また、将来的には農作物の栽培に適さない厳しい自然環境の地域でも農業生産を可能にする次世代農業設備として、海外での販売展開も検討していきます。

東京農業大学と日立キャピタルグループは2017年8月、農業生産工程管理の国際認証規格であるグローバルGAP(Good Agricultural Practice)認証取得に向けて協業し、東京農業大学が日本の農学系私立大学で初めて取得*3し、

日立トリプルウィンが同月よりグローバルGAP認証の取得をめざす農業生産者へのコンサルティングサービスを開始しております。


*2 CFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics): アルミよりも軽く、鉄の約10倍以上の強度を持ち、錆びずに腐らない新素材。
強風や豪雪などで高い耐候性がある素材として注目が高まっている。

*3 2017年8月22日付ニュースリリース
『東京農業大学と日立キャピタルグループが産学連携の成果としてグローバルGAP認証を取得』
http://www.hitachi-capital.co.jp/hcc/newsrelease/2017/20170822.pdf

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。