野菜を新たな市場開拓:衣料分野へ。蝶理とカット野菜のデリカフーズが連携

蝶理は野菜で染色した衣料品「ベジタブル・ナチュラルダイ」の染色原料調達で、外食産業向けなど業務用カット野菜の国内最大手、デリカフーズと連携したと発表した。6月に東京都港区で行われる平成23年春夏物の展示商談会で公開する。デリカフーズが廃棄していた野菜の皮や外側の葉などをもとに、天然由来の染料を取り出し、製品に活用する。
 
 
蝶理が開発したナチュラルダイは、染料の9割に植物など天然由来の成分を使い、有機コットンや再生ポリエステルなど環境負荷の低い布地を染色する商品。今回の野菜の活用も含め、同社の天然染色技法「ナチュラルダイ」は売上規模が10億円と順調に拡大しているようだ。ナチュラルダイは、株式会社シオンテック社が開発した「新自然染色法」を用いて染色した天然色素染め製品で、蝶理MODA株式会社が商標を保有している。
 
野菜を新たな市場開拓:衣料分野へ。蝶理とカット野菜のデリカフーズが連携
 
デリカフーズは国内5工場で野菜の加工を行っているが、1日に10トン近い廃棄物が発生するため、キュウリやニンジンなど13種の野菜や果物の廃棄物を蝶理が随時調達し、天然色素を抽出する。「抽出した色素は時間がたつと変質するが、デリカフーズとの連携で安定した原料調達が可能となる」(蝶理・山下幸雄執行役員)という。
 
 
一般的に農家で生産される野菜のうち、規格外野菜は約2割を占めると言われ、一部では市場に流通しているものの、その多くが農家自身が消費したり、肥料や廃棄されるケースの方が多いのではないだろうか。カット野菜工場や流通過程で出る食品廃棄物も含め、堆肥化したり、衣料染色に使用したりと、様々な活用方法も模索する必要があるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る