井関農機とウォーターセル、作業・機械管理システムと農業ICTツールで連携

 井関農機では、同社が提供する作業・機械管理システム「アグリサポート」と、ウォーターセルが提供する農業ICTツール「アグリノート」の連携を行い、2018年春からサービスの提供を開始する。

井関農機は、可変施肥田植機をはじめとする「アグリサポート」搭載のスマート農機と「アグリサポート」と連携する営農管理ソフト「スマートファーマーズサポート」を提供してまいりました。

「アグリサポート」と「アグリノート」の連携により、アグリノート上で農機の稼働情報・状態を確認・管理することはもちろん、農機の稼働状況に応じた農作業記録を自動で保存します。

これにより、これまで敬遠されていた作業記録業務の労力を大幅に削減することができます。

さらに、データとして分析・活用できる記録を通じて、これまで生産者の課題となっていた圃場1枚毎のコスト・品質・収量の見える化を実現します。

井関農機とウォーターセル、作業・機械管理システムと農業ICTツールで連携
井関農機が提供する「アグリサポート」は、機体センサーの情報をユニットが読み込み、タブレット端末を通してお客さまに農機の状態や圃場毎の作業履歴をわかりやすく伝えます。

ウォーターセルの提供する「アグリノート」は、農場を航空写真マップで可視化し、農作業および圃場の管理やスタッフ間の情報共有をサポートする営農支援システムです。

PCブラウザのほか、専用のアプリを利用することで、スマートフォンやタブレットからも農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧ができます。


[関連記事]
井関農機、有人監視下での無人による自動運転作業ロボットトラクタの発売を予定
井関農機が先端技術実証用の植物工場を新設。複合環境制御・光合成自動診断システムなどを導入
富士通と井関農機が連携。食・農クラウド「Akisai」のサービス強化へ