協和「水耕栽培キット」アメリカKickstarterにて資金調達

植物工場IT活用事例セミナー

 国内のヒット商品を海外でいち早く展開する「ヴェルサイユトレーディング株式会社」は、2018年1月30日より、“水気耕栽培”キット「ホームハイポニカ果菜ちゃん」をアメリカKickstarterで展開する。

協和「水耕栽培キット」がアメリカKickstarterにて資金調達。海外市場へ
農薬を一切使わず水に薄めた液体肥料のみで育てるため安心安全。Kickstarterで資金を募り、海外仕様に修正し、葉菜パネルもご用意して、健康を望む全ての人がとれたてで新鮮な作物にアクセスできるようサポートします。

日本全国の農家・学校・研究施設・福祉施設などに約2000件以上の導入実績のあるハイポニカシステムの家庭菜園版「果菜ちゃん」は、40年以上もの水耕栽培の研究を基に作り上げた独自の循環システムにより、作物を育てるための理想的な生育環境を提供し、作物の生命力を最大限に引き出します。

土を使わず野菜・果物を育てる水耕栽培は市場に散見されますが、水・養分とともに酸素を循環させて根を最大限育ちやすくする「水気耕栽培」で一般家庭用に提供されている商品は世界中どこにも見当たりません。


きっかけは、果物や野菜の価格の高騰
海外の方にも新鮮な作物を家庭で育て、食べることの楽しさを知ってほしい

近年、果物や野菜の値段は年々上がり続け、新鮮な作物を経済的な理由、地理的な理由で誰もがアクセスできる時代にはなっていません。

それを打開する水耕栽培キットも市場に出てきましたが、問題は2つあります。1つはLEDライトを利用した栽培であるため、光量の問題で収穫量も少なく、小さい葉物野菜しか作れません。

もう一つは電気代がLEDライト分、余計にかかります。専用の種子キットを都度追加購入すると、コストパフォーマンスが良くありません。

「果菜ちゃん」は家庭菜園の悩みを全て解決しました。LEDより強い太陽光を使うため、従来では作れなかった大きなトマト、なす、かぼちゃ、メロン、スイカ、ブロッコリー、までご家庭で作れます。

協和「水耕栽培キット」がアメリカKickstarterにて資金調達。海外市場へ
 また、独自の仕組みで酸素や水や養分を循環させて根の周辺環境を新鮮に保つため、屋外設置でもボウフラ・蚊などの虫が本体からは発生せず(水が漂わない他の水耕栽培システムでは、本体にボウフラ・蚊などが発生する可能性があります)、生育スピードも1.5~2倍(*)、収穫量も3~4倍(*)の成果を期待できます。

また、「果菜ちゃん」は市販の種・苗いずれからでも手軽にスタートできます。

協和「水耕栽培キット」がアメリカKickstarterにて資金調達。海外市場へ
今までに1粒のトマトの種から、約1万7,000個の結実を達成させています。1985年のつくば万博では日本政府館でトマトの巨木が展示され、当時の天皇陛下がご覧になられました。

(*) 環境や作物により異なります。


■商品概要
製品名:水気耕栽培キット「ホームハイポニカ 果菜ちゃん」Kickstarter特別セット
サイズ:467mm × 467mm × 300mm
容量:12 ℓ
重量:3kg
付属品:葉菜パネル、肥料A(500ml)、肥料B(500ml)、果菜用培地、栽培鉢、鉢カバー
価格:超早割19,800円~
キャンペーン開始日:2018年1月30日(火)
製造元:協和株式会社(大阪府高槻市)
輸出元:ヴェルサイユトレーディング株式会社



[関連記事]
NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発
サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕キットを全国書店にて販売
水耕栽培メーカーの協和、家庭用水耕栽培キットの新商品を販売
ハイポニカ農法の協和、上海国有企業との合弁会社を設立。上海に植物工場プラントを建設