カゴメの響灘菜園、コンピューター制御・ハイテク植物工場によるトマト生産

 太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月17日に北九州市若松区の電源開発敷地内にて生産を開始。施設内は24時間コンピューターで制御され、栽培には電解水や生物を利用した生物農薬を使用している。
また、通年での収穫可能な「ハイテク温室」として、年間2,000トン以上の生産能力を持っている(8.5haの温室には20万本のトマト苗が定植されている)。

定植されたトマト1株には170個ほどが実り、合計で3,400万個(トマトの個数に換算)が収穫される。計算上では、福岡県内のトマトの15%がここで栽培されていることになる。響灘菜園で栽培されているトマトは、カゴメブランドの(1)「こくみトマト」(コクがあって実が締まっていることから)、(2)「デリカトマト」の主に2種類となる。

「こくみトマト」はスーパーなどの小売用(4個で300円程、福岡市内の大手小売店に並ぶ)。「デリカトマト」は業務用で、果肉がしっかりしていることからサンドイッチやハンバーガー等に使用されている。小売用の「こくみトマト」は福岡市内など九州地域の小売店にも商品が並んでいるが、業務用の「デリカトマト」の販路は、首都圏6割、関西地域3割と、九州地域への市場開拓はこれからという。

また、温室内では1匹400円ほどの「クロマルハナバチ」(2〜3カ月と短命)を利用し、受粉させている。温室内は風が吹かないために自然に受粉が行われることがないからである。

農林水産省が2006年にまとめた調査結果では、農業経営にIT(情報技術)機器を利用している比率は24%と低いのが現状である。一般の農業経営においても生産性を高めるために、植物工場や様々な技術導入が必要となってくるだろう。

参考記事:カゴメのニュースリリースより(2006年を主に参考)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る