上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)

上海万博の大阪館には大阪府立大学が出展している「植物工場」の技術展示モデルがある。椿本チエイン(プレスリリース)が設計・製作を担当し、空調設備などについてはエスペックミックが技術提供を行っている。 LEDと蛍光灯を利用した多段棚式(栽培棚は6段)で、苗の植え替え作業を自動化したことが大きな特徴である。
 
 
展示モデルの外形寸法は1280×1280×3200mm、質量は500kg。栽培ポッドを置くトレーの大きさは400×400×50mmで、各棚に2つの計12個を格納できる。光源については各段によって異なる。

  • 1段目が波長660nmの赤色と同470nmの青色を4:1で混ぜたLED面光源
  • 2段目と4段目が色温度 6000?8000Kの昼光食の白色LEDランプ(3つ)
  • 3段目は波長660nmの赤色LEDランプ2つと波長450nmの青色LEDランプ1つ
  • 5段目と6段目が色温度 6500Kの昼光色のHf蛍光灯4つ

 
となっている。国内の展示用と異なる点は「自動化」である。苗の植え替え作業の自動化では、苗の植え替えを実行できるロボットハンドと栽培棚を上下に移動させる機構を組み込んで、植物の成長段階に応じて最適な棚に搬送する仕組みとなっている。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本、オランダの出展)
 
こうしたハイテク農業の分野ではオランダも負けていない。施設栽培(温室ガラスハウス)分野では、日本の倍の生産性を誇るオランダ。そのオランダを代表とする企業でもあるPhilips社も、オランダ館にて少し変わった植物工場を展示している。
 
 
同社のコンセプトは「家庭農場(Biosphere Home Farming)プレスリリース:英語>」。4?5段に分かれた水槽の中で,上2段はLEDで植物や海藻を栽培し、下の段では魚などを育てるというもの。以前、当サイトでもご紹介した欧米を中心に普及している「アクアポニクス(魚の養殖と野菜栽培の一体化システム」にコンセプトは似ており、それをさらにハイテク化したもの。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)
 
 
この展示技術は、植物の光合成で作られた酸素を魚の水槽に送り,魚の水槽から出るCO2は植物に供給される。LEDなどのエネルギー源としてはメタンを利用し、そのために家庭の生ゴミなどを定期的に追加する他、ほぼ自律的な “生態系のミニチュア版” といった感じである。その他、何か海外における関連情報がありましたら、ご連絡下さいませ(お問合わせ欄)。
 
 
<参考記事>
上海万博・大阪館の「植物工場・技術展示モデル」で椿本チエインが製作に協力(日経BP)
「LEDで閉じた生態系の構築を目指します」,Philips社がオランダ館で「家庭農場」を紹介(日経BP)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る