上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)

上海万博の大阪館には大阪府立大学が出展している「植物工場」の技術展示モデルがある。椿本チエイン(プレスリリース)が設計・製作を担当し、空調設備などについてはエスペックミックが技術提供を行っている。 LEDと蛍光灯を利用した多段棚式(栽培棚は6段)で、苗の植え替え作業を自動化したことが大きな特徴である。
 
 
展示モデルの外形寸法は1280×1280×3200mm、質量は500kg。栽培ポッドを置くトレーの大きさは400×400×50mmで、各棚に2つの計12個を格納できる。光源については各段によって異なる。

  • 1段目が波長660nmの赤色と同470nmの青色を4:1で混ぜたLED面光源
  • 2段目と4段目が色温度 6000?8000Kの昼光食の白色LEDランプ(3つ)
  • 3段目は波長660nmの赤色LEDランプ2つと波長450nmの青色LEDランプ1つ
  • 5段目と6段目が色温度 6500Kの昼光色のHf蛍光灯4つ

 
となっている。国内の展示用と異なる点は「自動化」である。苗の植え替え作業の自動化では、苗の植え替えを実行できるロボットハンドと栽培棚を上下に移動させる機構を組み込んで、植物の成長段階に応じて最適な棚に搬送する仕組みとなっている。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本、オランダの出展)
 
こうしたハイテク農業の分野ではオランダも負けていない。施設栽培(温室ガラスハウス)分野では、日本の倍の生産性を誇るオランダ。そのオランダを代表とする企業でもあるPhilips社も、オランダ館にて少し変わった植物工場を展示している。
 
 
同社のコンセプトは「家庭農場(Biosphere Home Farming)プレスリリース:英語>」。4?5段に分かれた水槽の中で,上2段はLEDで植物や海藻を栽培し、下の段では魚などを育てるというもの。以前、当サイトでもご紹介した欧米を中心に普及している「アクアポニクス(魚の養殖と野菜栽培の一体化システム」にコンセプトは似ており、それをさらにハイテク化したもの。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)
 
 
この展示技術は、植物の光合成で作られた酸素を魚の水槽に送り,魚の水槽から出るCO2は植物に供給される。LEDなどのエネルギー源としてはメタンを利用し、そのために家庭の生ゴミなどを定期的に追加する他、ほぼ自律的な “生態系のミニチュア版” といった感じである。その他、何か海外における関連情報がありましたら、ご連絡下さいませ(お問合わせ欄)。
 
 
<参考記事>
上海万博・大阪館の「植物工場・技術展示モデル」で椿本チエインが製作に協力(日経BP)
「LEDで閉じた生態系の構築を目指します」,Philips社がオランダ館で「家庭農場」を紹介(日経BP)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る