上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)

上海万博の大阪館には大阪府立大学が出展している「植物工場」の技術展示モデルがある。椿本チエイン(プレスリリース)が設計・製作を担当し、空調設備などについてはエスペックミックが技術提供を行っている。 LEDと蛍光灯を利用した多段棚式(栽培棚は6段)で、苗の植え替え作業を自動化したことが大きな特徴である。
 
 
展示モデルの外形寸法は1280×1280×3200mm、質量は500kg。栽培ポッドを置くトレーの大きさは400×400×50mmで、各棚に2つの計12個を格納できる。光源については各段によって異なる。

  • 1段目が波長660nmの赤色と同470nmの青色を4:1で混ぜたLED面光源
  • 2段目と4段目が色温度 6000?8000Kの昼光食の白色LEDランプ(3つ)
  • 3段目は波長660nmの赤色LEDランプ2つと波長450nmの青色LEDランプ1つ
  • 5段目と6段目が色温度 6500Kの昼光色のHf蛍光灯4つ

 
となっている。国内の展示用と異なる点は「自動化」である。苗の植え替え作業の自動化では、苗の植え替えを実行できるロボットハンドと栽培棚を上下に移動させる機構を組み込んで、植物の成長段階に応じて最適な棚に搬送する仕組みとなっている。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本、オランダの出展)
 
こうしたハイテク農業の分野ではオランダも負けていない。施設栽培(温室ガラスハウス)分野では、日本の倍の生産性を誇るオランダ。そのオランダを代表とする企業でもあるPhilips社も、オランダ館にて少し変わった植物工場を展示している。
 
 
同社のコンセプトは「家庭農場(Biosphere Home Farming)プレスリリース:英語>」。4?5段に分かれた水槽の中で,上2段はLEDで植物や海藻を栽培し、下の段では魚などを育てるというもの。以前、当サイトでもご紹介した欧米を中心に普及している「アクアポニクス(魚の養殖と野菜栽培の一体化システム」にコンセプトは似ており、それをさらにハイテク化したもの。
 
上海万博における植物工場(野菜工場)に関するまとめ(日本の自動化:植物工場、オランダ:生態系のミニチュア版を再現)
 
 
この展示技術は、植物の光合成で作られた酸素を魚の水槽に送り,魚の水槽から出るCO2は植物に供給される。LEDなどのエネルギー源としてはメタンを利用し、そのために家庭の生ゴミなどを定期的に追加する他、ほぼ自律的な “生態系のミニチュア版” といった感じである。その他、何か海外における関連情報がありましたら、ご連絡下さいませ(お問合わせ欄)。
 
 
<参考記事>
上海万博・大阪館の「植物工場・技術展示モデル」で椿本チエインが製作に協力(日経BP)
「LEDで閉じた生態系の構築を目指します」,Philips社がオランダ館で「家庭農場」を紹介(日経BP)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る