スマイルリーフスピカ、植物工場・水耕栽培野菜をファミマへ提供。商品材料へ採用

富山市で昨年から植物工場の運営を始めた「スマイルリーフスピカ」のレタスが、大手コンビニ「ファミリーマート」の商品の材料に採用され、具材と白米を包んだ商品「レタス巻」が、富山、石川両県の全142店で今月10日から発売された。ファミマでは、5月下旬に発売地域を福井県にも広げる考えだ。
 
 
ファミリーマート側が採用に踏み切った理由は「口にする商品のため、安全に気を配り、植物工場のレタスを使うことを決めた」(広報室による)としている。スマイルリーフスピカは現在、レタスやハーブなど9種類を1日あたり約500?700個生産し、富山市内のホテルやレストランなどが食材として採用している。川本社長は「植物工場で栽培された利点を生かし、提携先のコンビニを増やしたい」としている。
 
スマイルリーフスピカ、植物工場・水耕栽培野菜をファミマへ提供。商品材料へ採用

(2010年5月14日 読売新聞より)
 
 

当法人からのコメント
ホテルやレストラン、外食企業の水耕栽培野菜に関する評価はバラバラです。ある企業にヒアリングした際には「うちでは水耕栽培野菜を一切使わない」という所もあった。カットした際にベチャっとして水が出る、柔らかすぎて歯ごたえが無い、といった理由は様々。

シェフによっても意見は様々で、調理法に合わせて採用したい、という方も多かった。もちろん否定的な考えのシェフもいます。
 
植物工場の運営企業は赤字がほとんどですが、売上規模も少ない所が多いです。最大の課題は販路・全国的な流通戦略です。販路開拓の際には、栽培している種類によって生・サラダ用やどういった調理法が合うのか、営業側も様々なレシピや調理法を提案することも重要かとか思います。

もちろん、安全・安心、栄養価が高いといったアピールポイントとともに。案外、工場野菜の特徴を知らない方々も多い印象を受けましたので。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る