顧客の要望にあったオーダーLED照明を成長の軸に。植物工場への進出も視野にいれるIDEC社

工場などで使う制御用スイッチで国内最大手であり、LED照明にも力を入れているIDECが、今後の中期経営戦略に12年度のLED事業の売上高を09年度比3・5倍の30億円に引き上げる目標を盛り込んだ。北米市場での事業の立ち上げや植物工場への進出も視野に入れているという。
 
 
同社は08年のリーマン・ショック後、自動車や電機、半導体業界の設備投資の抑制を受け主力の制御用スイッチの販売不振に直面。10年3月期の連結決算は2期連続の減収となり、最終損益は2億7700万円の赤字に転落した。そこで建物や空間に合った明るさや配光、サイズなどを調整できる、顧客ニーズに合ったオーダーメイドLED照明を武器に、大手メーカーとは違う独自路線で攻勢をかける計画。
 
 
06年に販売を始めた工作機械や半導体製造装置の内部で使う産業用LED照明も合わせ、連結売上高を09年度の1・6倍にあたる350億円まで引き上げる目標を示している。
 
顧客の要望にあったオーダーLED照明を成長の軸に。植物工場への進出も視野にいれるIDEC
 
すでにコンビニ大手ローソン向けに、250を超す店舗でオーダーLED照明を納入。大阪市内のデータセンターからも受注した。鉄道会社など従来とは異なる企業からの問い合わせも増えているという。09年度は6億円の売り上げを達成している。
 
 

当法人からのコメント
最近、近くのコンビニでも営業しているのかどうか外からみると分からないくらい暗い店舗があります。しかし中に入ると、非常に目に優しい感じのLED照明が全てに導入されておりました。どうしても派手で明るいコンビニに慣れており、はじめは違和感を感じましたが、今では環境保全にもつながり、そのコンビニを優先的に利用しています。
 
さて同社では、植物工場への進出も視野に入れている模様。確かに栽培面積や品種など、顧客に応じたLED照明が求められることはあるかと思いますが、現在の主流は蛍光灯ランプ。どうしても導入コストの面から全面LEDで商業的に生産している工場は、ほとんどゼロに近いのが現状です(一部、実験施設ではあります)。
 
こうした栽培実験施設に導入しながら、工場運営企業と共同で栽培ノウハウや企画・提案力を身に付けることが必要かと思います。ただし他社の事例を見る限り・・・個人的にはあまりお勧めしない分野だと考えております。その理由はまた別の機会にでも。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る