農業・ベジタリアン大国インド、植物工場ベンチャーが事業拡大へ

 インドでも完全人工光型植物工場ベンチャーによる事業規模の拡大がはかられている。農業大国であり、ベジタリアン大国のインド。

例えば、欧米系企業が多く進出しているバンガロールでは、2019年までにリーフレタス換算にすると、植物工場レタスが1日5万株は販売できる市場がある、と推計されている。

 しかし、インドの農業生産方法は非常に原始的であり、生産性は極めて低い。また流通においても、非常に複雑化されており、一部の州では外資の参入を規制する法律もあるが、その市場規模は大きく、ハイテク農業については、大きな可能性を秘めている。

過去にも紹介した通り、インドでもハイテク農業が普及しつつあり、一部では都市型農業ブームも巻き起こっている。


[関連記事]
インドの農業ビジネス改革の最前線、生産・流通改善を通じたソーシャル事業
イスラエルのハイテク農業が普及するインド。政府による50%補助も
インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
インド・テランガーナ州、消費者への都市型農業プロモーションを開始

設備投資額は約1,000万円、1日千株規模の
植物工場を稼働する「Letcetra Agritech社」

 インドにて、完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売を展開するベンチャー「Letcetra Agritech社」は、2016年に設立され、生産した野菜はホテル・チェーンやスーパー、ファーマーズマーケット等に販売している。

代表のAjay氏は、モバイルアプリ開発にて成功をおさめ、ドイツ企業に売却した後に同社を設立した。ソフト・エンジニアリング会社の成功ノウハウをもとに、次のチャレンジとしてハイテク農業を選択したのだ。

農業・ベジタリアン大国インド、植物工場ベンチャーが事業拡大へ

施設園芸などの汎用的な農業資材を活用して低コストで植物工場を建設。5段の多段式システムの一部には、代表のAjay氏が保有するドイツ企業のネット―ワークを活用して資材を調達している。例えば植物育成用LEDはドイツ企業から調達している。


イノプレックス・会社サービスの公式ページ
↓↓↓ 弊社では新規事業に関する市場調査・コンサルティング、
新しい技術・サービスに関するニーズ調査なども行っております ↓↓↓世界の植物工場・市場規模データ

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。