福岡銀行などの農業ファンド、キウイ生産のニューガイアアグリへ出資

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社福岡銀行が、株式会社日本政策金融公庫・株式会社福岡キャピタルパートナーズと設立した「FFG農業法人成長支援投資事業有限責任組合(FFG農業法人成長支援ファンド)」 は、福岡市に本社を置く「ニューガイアアグリ株式会社」に対し250百万円を出資する。

ニューガイアアグリは、太陽光発電や不動産事業を営む芝浦グループホールディングス株式会社が、新たに農業への参入をするにあたり、平成29年に設立された農業法人です。

山口県・大分県・宮崎県にてキウイ生産を開始しており、収穫されたキウイはゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社へ販売する予定です。

今後、園圃として九州・山口地域の耕作放棄地を活用するなどして、各地域で雇用を行いながら、国産キウイの生産地拡大を目指します。


《出資内容》
出資先名 ニューガイアアグリ株式会社 代表取締役 久富重樹
本社所在地 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-30
園圃所在地 山口県山口市阿知須、大分県速見郡日出町、宮崎県西都市三宅・上三財
出資額 250百万円
事業内容 キウイの生産
出資形態 無議決権株式引受