オイシックスドット大地、JAグループと連携「お米」の中国輸出へ

植物工場IT活用事例セミナー

 食品宅配を展開するオイシックスドット大地株式会社は、JA全農インターナショナル株式会社の協力を得て、有機栽培されたお米を日本で初めて、中国へ輸出する。本年12月より、出荷開始予定です。

まずは16トン(精米時)の出荷を予定しており、反響により輸出量を拡大していきます。

食の安心安全へのニーズが強く、日本食の需要も高まっており世界一の人口を有する中国にて、市場拡大を目指します。


■ 中国での販売先や商品情報について
<販売先について>

北京を中心に有機農産物の宅配事業を展開している『正谷(北京)農業発展有限公司』が販売をします。価格は、㎏あたり100元(1700円)程度に設定する予定です。

<商品情報>
・北海道産の有機栽培の「ななつぼし」2Kg
…粒が大きく、つやも良く、粘りや甘みが優れている品種です。

※日本産米の中国向け輸出に当たっては、植物検疫条件により、中国側が認可した指定登録施設で精米・くん蒸等がなされたお米のみ輸出できることとなっているため、有機米としての流通にはなりません。


■ 参考1)当社とJAグループの取組みについて
当社では仕入れ先拡大および商品開発の拡充のため、当社の安全基準(Oisix基準)を満たし、かつ安定的な商品の供給が可能な地域農協など、農協関連団体との取引拡大を図っており、昨年対比(1月~7月実績)で取引額が2倍以上になるなど、協業を強化しております。


■ 参考2)当社の中国展開について
当社は、香港に続く海外事業として、本年9月に中国法人「上海愛宜食食品貿易有限公司」を設立、年内に上海にて食品宅配サービスをスタート予定です。

なお、2012年11月、大地を守る会(当時)と中国農村部の貧困問題に取り組むNGO「北京富平(フーピン)学校」が合併会社「北京富平創源農業科技発展有限責任公司」を設立。

2013年5月より、天津近郊の自社農場で栽培した有機・減農薬野菜を、北京市中心部の消費者へ配送するサービスを行っています。