News:ゴルフ場を運営するヴィンテージリゾート、ワイン事業へ本格参入<ワインオーナーを募集>

ゴルフ場を経営するヴィンテージリゾート(山梨県北杜市)が県指定企業的農業経営推進支援モデル事業の第1号認定を受け、農業生産法人を設立し、今月23日からワイン醸造用ブドウ栽培に着手する。支援モデル事業は遊休農地を有効活用するため、企業の農業分野参入を促す方法として県が平成20年に設けた。
 
モデル事業には補助制度があり、今回は4500万円の事業費に対し50%の2250万円を県が補助する
 
News:ゴルフ場を運営するヴィンテージリゾート、ワイン事業へ本格参入<ワインオーナーを募集>
 
法人名はヴィンテージファーム(同市須玉町、資本金500万円)。同社によると、遊休農地3万474平方メートルを耕作して、このうち2万4722平方メートルに醸造用ブドウのメルロー、シャルドネなど6品種の苗木計1万1千本を植え付ける。計画だと平成24年秋に本格収穫し翌25年春には商品販売に踏み切る。
 
 

当法人からのコメント
県のモデル事業に認定されれば、初期投資の半額補助。これだけの補助制度があれば、企業による農業参入のハードルも下がります。あとは事前調査と栽培技術です。
 
遊休農地を耕作するとのことだが、事前にどれほどの土壌環境調査を行っているのか(地元の方へのヒアリング、綿密な土壌調査が必要)、そして高品質のブドウを栽培する技術・ノウハウを、どのように獲得していくのか、こうした課題をクリアすることで、事業としての成功確率も高まるのではないでしょうか。