【ケース事例】カゴメの大規模ハイテク施設。国内消費量トマトの1.5%を生産/規制緩和を受けて様々な事業体にてチャレンジ

以前、カゴメのハイテク温室栽培施設「響灘菜園」をご紹介したことがあるが、今回は同社の全体的な農業参入経緯や現状をまとめたいと思う。

トマト加工品トップメーカーである同社は、生鮮トマトの生産(農業ビジネス)に進出したのが1998年(社内に生鮮トマト事業部を設立、翌年から本格的な事業展開を実施)。当初の事業モデルは農業生産法人への出資(10%)という形をとっている。
後には非農地に株式会社として大規模な温室ハイテク栽培工場を建設する事業形体を採用しながら(法的規制緩和などがキッカケ)、今では、全国のトマト消費生産量70万トンのうち、約1.5%の1万トンを生産している

事例3:カゴメの農業参入。大規模ハイテク栽培にてトマトを生産。国内生産量の1.5%を占める。

同社は加工用トマトの全量買い取りを実施することで、個人農家と栽培契約を結び、全国は北海道から九州まで、栽培農家約30カ所・数百人と契約し、安定供給をはかっている。しかし、オリジナルブランド「こくみトマト」の人気・需要増から、高品質・安定供給が可能な大規模ハイテク施設が必要となり、H11年(1999年)に総額4億5千万円を投資して、大規模生産工場である美野里菜園(茨城県)を建設した

カゴメ「こくみトマト」

しかし、この当時の法規制は株式会社が参入するには大きな障壁もあり、農業生産法人に出資して提携する事業モデルを採用した(株式会社の出資規制は10%まで)。広さ1.3haもある美野里菜園は、建物全てをカゴメが所有しながら、設立した農業生産法人として地元の農業者にリース・トマトの生産・出荷を行い、生産したトマトをカゴメが買い取る形をとっている。


※ 現在の改正農地法では、出資比率の上限を1社あたり10%から25%まで出資が可能となる。また農商工連携に認定されれば、1社当たり50%未満までの出資を認めている。


次に建設した広島県の世羅菜園も同様である。ここは畑地総合開発事業という国家プロジェクトが開墾したが、入植者が去って困り果てた行政・自治体が誘致・勧誘を図ってきたものである。ここでも出資規制最大の10%を農業生産法人に出資して、総事業費12億円、広さ3haの生産工場を建設した


その後も同様の事業体でトマト生産事業に進出しており、高知県・四万十みはら菜園、長野県・安雲野みさと菜園、千葉県・みどり菜園、さらにはアジア最大規模を持つといわれる福島県・小名浜菜園を次々に立ち上げ、こうした生産工場を運営する農業生産法人に対して、カゴメの出資は10%(法的な最大出資額)にとどまっている


こうした現状(出資額の制限)を打開するプランとして考えたのが、非農地を使用した大規模菜園であり、限りなく直営に近い形での組織体であった。その一つが05年11月から生産・出荷している和歌山県・加太菜園である。5.2haの栽培面積があり、カゴメが64%を出資している株式会社(一部、オリックス等も資本参加)として、トマトの生産を行っている。


また8.5haを持つ福岡県・響灘菜園も、カゴメの出資比率70%という関連株式会社であり(一部、電源開発:Jパワーも資本参加)、全国の農業生産法人や関連株式会社、契約農家を全て含めると、同社のトマト生産量は約1万トンにも上る。全国の消費生産量が70万トンであるから、およそ1.5%のシェアとなる


販売・流通戦略でも、従来の卸売市場を通さずに、独自の流通チャネルを使って、外食産業やスーパー、コンビニに出荷。生産されたトマトは、全国4カ所(首都圏、近畿圏、北海道、九州)にあるカゴメの生鮮センターに搬入され、そこから取引先の各店舗に直接、配送される。


現在、日本のトマト消費量は国民一人当たり年間6kgと言われている。その消費量はイタリアの10分の一、アメリカの半分ぐらいの消費量でしかない。日本においては、トマト料理の種類が少なく、食卓に並ぶ機会が少ないのも一つの理由として挙げられるだろう。


同社では、調理トマト普及のため、各スーパー店舗には派遣された「こくみレディ」が、試食を通じて消費者に直接アピールを行いながら、年間消費量を2万トンに増加させるべく、様々なプロモーション活動を展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る