News:電子部品メーカーや薬局、農業法人が農商工連携で漢方の製造へ。ドクダミなどの原料製造や栽培研究へ

福島県伊達市の薬局や電子部品メーカー、農業生産法人などが連携し、シャクヤクやドクダミなどの薬草を使った漢方薬原料の製造に乗り出す。野生の薬草を採取して加工し、6月以降、薬卸会社などに供給する。市内の耕作放棄地で薬草の栽培法も研究。漢方薬の普及に伴い薬草の需要が強まるとみて、農商工連携で市場を開拓する。
 
 
港屋漢方堂薬局(貝津好孝代表)が中心になって設立した薬草の栽培研究会が事業化する計画。電子部品メーカーの晶和(高橋康彦社長)や農業生産法人、伊達市なども参加。
 
 
福島県内の林業組合などに協力を要請し、野生のドクダミやクワの葉などを採取する。晶和が5月中にも薬草を乾燥・刻むための設備を本社工場内に導入する。6月以降、漢方薬原料やサプリメント(栄養補助食品)に加工し、薬卸会社や全国の漢方薬局へ販売する。
 
 
市内の耕作放棄地を借り、根の部分が痛みを和らげる漢方薬になるというシャクヤク2500株などをこのほど植えた。3?5年かけて育て、漢方薬の原料にすると同時に、効率的な栽培法も研究する計画
 
 

当法人からのコメント
閉鎖空間内で赤・青といった波長のLEDを用いて、薬草の栽培や薬効成分の含有量を高める研究が行われおりますが、まだまだ研究段階で実用化(事業として大量生産できるまでの技術として)は難しい段階。
 
こうした漢方類や一部のキノコ類(例:マツタケなど)では、植物工場で栽培したとしても、葉野菜のように年20回?の回転数を高めることができない。
 
ただし、植物工場や水耕栽培技術を活用することで、ある程度の成長を早めることが可能。3年の期間が必要な植物でも1年といった期間短縮が可能な場合もある。露地・土壌栽培で栽培ノウハウ、安定的な収益が確保できれば、工場栽培やLED技術を活用した研究にもステップアップしていくことも考えられるだろう。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る