ニューヨークにて、新たなフード・コミュニティーを構築。メインフロアに植物工場も導入

 ニューヨークでは、NPO法人が寄付金などから植物工場を調達し、貧困エリアの学校・食堂に設置するなど、植物工場を活用した貧困対策、地産地消、さらにはプログラミングなどの科学教育が行われている。

以下の記事に紹介されている施設が完成することで、地元住民・消費者とのコミュニティー機能強化、食育などが徹底されるかもしれない。

ニューヨークのNPO団体、植物工場を導入した地産地消・食育センターを建設

米国ニューヨークにて、利用されていなかった空スペースが、幅広い機能を持つコミュニティ・エリアとして再利用される。「ファームハウス」と名付けれた建物(約315m2)には、植物工場も導入され、地産地消や食育を行うスペースとして稼働する。

メインの運営・依頼者は、古くから地元で活動するNPO団体のGrowNYC。同団体は、サステナビリティを理念にかかげ、毎年3万人の子供達へ環境や農業、食育などの教育活動を行っている。

今回の「ファームハウス」では、GrowNYCの活動を一つに集結させたものであり、コミュニティー・イベントセンター、学習スペース、食育・教育用のキッチンも導入されている。また、ファーマーズマーケットも定期開催する。