播種から収穫まで25日の世界最速の植物工場システムがオープン

 鹿児島にて開設する完全人工光型植物工場では、播種から収穫まで約25日の世界最速の生長システムを誇る、という。栽培に関わっている中で、25日という数字は非常に驚きです。さらに、25日で1株当たりの重量が約150gも実現可能とのこと。

技術ショールーム的に見学も可能ということで、一度、訪問してみたい、と思います。

植物工場・エコデシック鹿児島ショールームを開設。栽培日数25日の世界最速のシステムを実現

 株式会社エコデシック(本社:千葉県柏市)と、株式会社ミタデン(本社:鹿児島県鹿児島市)が、鹿児島県内初のショールームとして革新的な植物工場施設を開設する。

今回の革新的植物工場に採用されている技術は、従来の植物工場に比べ「圧倒的な栽培効率」及び「一般的な植物工場に比べ生産コストが約3分の1」を実現した工場となっております。

植物工場・エコデシック鹿児島ショールームを開設。栽培日数25日の世界最速のシステムを実現植物工場・エコデシック鹿児島ショールームを開設。栽培日数25日の世界最速のシステムを実現