News:ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)

千葉県のミョウガの水耕栽培ビニールハウスと産業廃棄物焼却施設が併設し、焼却の際の廃熱をハウスへ供給して温室栽培に役立てている。電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の実現に向けての取組みである。
 
ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)上記の取組みは、廃棄物中間処理業者の杉田建材(株)と環境設備メーカーの(株)タクマの2社が中心となり、その他、(株)タケエイ高俊興業(株)の4社共同の廃棄物発電・熱供給事業のため設立した合弁会社(株)市原ニューエナジーが挑戦しているものである。
 
 
本プロジェクトでは、ハウス・水耕栽培ハウスでの軽作業の働き手を、近接の高齢者施設から雇用するなど、農業と雇用、福祉にも貢献する地域貢献型プロジェクトでもある。
 
 
環境省が今、国会に提出・審議中の廃棄物処理法改正案には、産廃事業の許可手続きの大幅な緩和と、法改正で対応する同許可の有効期間の延長が検討されている。
 
 
現在の産廃物処理は政令市ごとに必要な62の計109の許可が必要だが、施行令改正で政令市の許可が都道府県の許可に集約されれば、許可申請事務が大幅に減る。また、一定要件を満たす優良業者は、許可の期間が現行の5年から数年延長されるというもの。
 
 
ただし最大の課題は解決されないようだ。排出源が違うだけで同じ廃棄物でも区分と処理事業者が変わる点である。例えば、オフィス、店舗、一般の工場から出る「紙ごみ」は事業系一般廃棄物に区分され、一般廃棄物処理事業者しか収集運搬・処理できない。一方、建設、パルプ製造、製紙など特定業種から出された「紙ごみ」は産廃に区分され、産廃事業者しか収集運搬・処理できないというもの。この点の変更は改正後も変わらない。
 
 
廃熱回収は電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の構築には必要な技術の一つである。今後も企業が積極的に乗り組めるような制度づくりが必要となるだろう。
 
 
※ 参考記事:SankeiBizの記事より
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る