News:ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)

千葉県のミョウガの水耕栽培ビニールハウスと産業廃棄物焼却施設が併設し、焼却の際の廃熱をハウスへ供給して温室栽培に役立てている。電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の実現に向けての取組みである。
 
ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)上記の取組みは、廃棄物中間処理業者の杉田建材(株)と環境設備メーカーの(株)タクマの2社が中心となり、その他、(株)タケエイ高俊興業(株)の4社共同の廃棄物発電・熱供給事業のため設立した合弁会社(株)市原ニューエナジーが挑戦しているものである。
 
 
本プロジェクトでは、ハウス・水耕栽培ハウスでの軽作業の働き手を、近接の高齢者施設から雇用するなど、農業と雇用、福祉にも貢献する地域貢献型プロジェクトでもある。
 
 
環境省が今、国会に提出・審議中の廃棄物処理法改正案には、産廃事業の許可手続きの大幅な緩和と、法改正で対応する同許可の有効期間の延長が検討されている。
 
 
現在の産廃物処理は政令市ごとに必要な62の計109の許可が必要だが、施行令改正で政令市の許可が都道府県の許可に集約されれば、許可申請事務が大幅に減る。また、一定要件を満たす優良業者は、許可の期間が現行の5年から数年延長されるというもの。
 
 
ただし最大の課題は解決されないようだ。排出源が違うだけで同じ廃棄物でも区分と処理事業者が変わる点である。例えば、オフィス、店舗、一般の工場から出る「紙ごみ」は事業系一般廃棄物に区分され、一般廃棄物処理事業者しか収集運搬・処理できない。一方、建設、パルプ製造、製紙など特定業種から出された「紙ごみ」は産廃に区分され、産廃事業者しか収集運搬・処理できないというもの。この点の変更は改正後も変わらない。
 
 
廃熱回収は電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の構築には必要な技術の一つである。今後も企業が積極的に乗り組めるような制度づくりが必要となるだろう。
 
 
※ 参考記事:SankeiBizの記事より
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る