News:ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)

千葉県のミョウガの水耕栽培ビニールハウスと産業廃棄物焼却施設が併設し、焼却の際の廃熱をハウスへ供給して温室栽培に役立てている。電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の実現に向けての取組みである。
 
ミョウガ栽培ビニールハウスと産廃焼却施設が併設。焼却の廃熱をハウス栽培へ供給(市原ニューエナジー)上記の取組みは、廃棄物中間処理業者の杉田建材(株)と環境設備メーカーの(株)タクマの2社が中心となり、その他、(株)タケエイ高俊興業(株)の4社共同の廃棄物発電・熱供給事業のため設立した合弁会社(株)市原ニューエナジーが挑戦しているものである。
 
 
本プロジェクトでは、ハウス・水耕栽培ハウスでの軽作業の働き手を、近接の高齢者施設から雇用するなど、農業と雇用、福祉にも貢献する地域貢献型プロジェクトでもある。
 
 
環境省が今、国会に提出・審議中の廃棄物処理法改正案には、産廃事業の許可手続きの大幅な緩和と、法改正で対応する同許可の有効期間の延長が検討されている。
 
 
現在の産廃物処理は政令市ごとに必要な62の計109の許可が必要だが、施行令改正で政令市の許可が都道府県の許可に集約されれば、許可申請事務が大幅に減る。また、一定要件を満たす優良業者は、許可の期間が現行の5年から数年延長されるというもの。
 
 
ただし最大の課題は解決されないようだ。排出源が違うだけで同じ廃棄物でも区分と処理事業者が変わる点である。例えば、オフィス、店舗、一般の工場から出る「紙ごみ」は事業系一般廃棄物に区分され、一般廃棄物処理事業者しか収集運搬・処理できない。一方、建設、パルプ製造、製紙など特定業種から出された「紙ごみ」は産廃に区分され、産廃事業者しか収集運搬・処理できないというもの。この点の変更は改正後も変わらない。
 
 
廃熱回収は電力消費の抑制・低炭素社会と循環型社会の構築には必要な技術の一つである。今後も企業が積極的に乗り組めるような制度づくりが必要となるだろう。
 
 
※ 参考記事:SankeiBizの記事より
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る