News:潜在的にも“うつ病”患者が多いIT/システムエンジニア。農業体験で心のケアと専門的な技術習得を実現(LASSICラシック)

日々の業務はPCの前。人とのコミュニケーション・接点のない生活を送っているIT/システムエンジニアも多く、こうした業界における “うつ病” 患者の数は潜在的な数も含め、相当なものだと推測される。事業の継続と社会性の両立を目指すソーシャルベンチャー(社会起業家)と呼ばれる若手経営者の多くが、IT業界からの出身者が多いことからも、こうした悩みを抱えている人は周りにも多いのではないだろうか。
 
 
最近では、リフレッシュも兼ねて家庭菜園や市民農園(貸農園)を通じて、植物や土といった自然との対話に休日の時間を充てる人も多くなってきた。例えば市民農園(貸農園)には、早期リタイヤされた方、外食企業といった食品関連の方、子供の食育も兼ねて、といった利用者以外に、IT/システムエンジニアといった普段、人や自然と接する機会のない技術者が利用するケースも、徐々にではあるが増えているようだ
 
 
こうした現状・課題に対して、システム開発の(株)LASSICでは、うつ病など心の病で休職し、復職したばかりのITエンジニアを支援する研修事業を鳥取市で開始する計画だという。農作業への従事など自然に恵まれた鳥取の環境を生かした研修内容で無理なく、通常の業務に戻れるよう手助けするのが目的。
 
 
同社では「IT業界エンジニア向けリワーク研修事業」としてビジネスモデル特許も出願中とのこと。研修期間は1?6カ月を想定しており、症状の再発に備え、市内の病院と連携しながら、同社の寮で研修生が共同生活を送る。
 
 
当初はIT以外の農業体験などから始め、その後は大学のIT技術資格取得講座の講師補助など、IT関連の仕事や同社に研修生を派遣した企業から請け負ったソフト開発など、徐々に実際の仕事に関連する領域に研修を拡大。最終段階では通常のITの仕事に絞り込んで研修する。
 
 
鳥取での研修は6月中にも始める予定。鳥取への旅費などを除いた研修費は1人当たり1カ月約25万円で、今年度は延べ180人を予定している。「5年後には売り上げの半分以上を占める主力事業に育てたい」とのこと。こうした事業モデル/サポートは、社会としても必要とされるものだろう。
 
 
潜在的にも“うつ病”患者が多いIT/システムエンジニア。農業体験で心のケアと専門的な技術習得を実現(LASSICラシック)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る