<大塚化学がアグリビジネス専門会社を設立>植物工場向け水耕肥料シェアは国内首位。環境制御技術/独自栽培ノウハウを提供

以前、水耕肥料シェアでは国内首位である大塚化学については植物工場(水耕)やハイテク農業分野における商品をご紹介したが、2010年10月より同社はアグリビジネス専門企業として大塚アグリテクノ株式会社という独立した組織を新設したので、改めてお知らせしておく。
 
 
==========以下、過去の紹介記事==========

清涼飲料水「オロナミンC」や化学製品で知られる大塚化学肥料、農薬、農業資材の総合メーカーでもある。植物工場向けの水耕肥料のシェアでは国内首位。同社では、高品質・高収量を実現するために、ハイテク農業分野(太陽利用型・完全人工型の植物工場)にも力を入れている。
 
 
大塚ミテルン:環境制御技術/独自栽培ノウハウを提供例えば、植物工場の栽培環境に関するデータ蓄積、環境制御を行う「大塚ミテルン」も、その一つである。同商品は、栽培環境の画像監視とデータ蓄積・遠隔からの制御を低価格で実現するものパナソニック電工と共同開発して昨年に完成した商品で、すでにこの半年で数台の導入実積がある。
 
 
標準セット(70万円以下)には、制御本体機器、カメラ、気温センサーと湿度センサー、設置ラック、さらには警報システム(メール等のアラート機能)も含まれており、多機能かつ低価格な環境制御システムを実現している
 
 
蓄積データからのグラフ化、栽培日誌の記録はもちろんのこと(データ蓄積用のサーバーも不要)、取得した数値・画像データから、遠隔からの栽培状況を監視・制御することが可能となり、植物工場内の異常にも即座に対応できる。
 
 
大塚ミテルン:環境制御技術/独自栽培ノウハウを提供
 
植物工場の運営企業をヒアリング調査をした際、どの企業も栽培ノウハウ(ソフト部分)の重要性を説いていたが、同社では、こうしたソフト部分の支援も、この「大塚ミテルン」から得たデータを通じて行っている。数値・画像データから、栽培アドバイスや分析業務といったサポートも実施しており、機器導入から栽培・生産管理といったアフターフォローまでしっかり行ってくれる(別途、契約が必要)。
 
 
◆ 詳細は大塚ミテルンWEBサイト、サイト内のカタログをご参考下さい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る