小型/簡易型エタノール装置で、億単位から数百万円への初期コスト削減へ。飼料用米と食品残さを原料に30〜40%のエタノール製造(NPO法人しまねバイオエタノール研究会)

島根大教授や民間研究者などで組織するNPO法人しまねバイオエタノール研究会が7日、産学官6団体と共同で、簡易型エタノール製造装置を開発したと発表した。従来の装置に比べ仕組みを簡素にすることで、小型化と低価格化を実現原料となる飼料用米や食品廃棄物を扱う農業法人、ごみ処理業者を念頭に、バイオ資源を活用する「島根発」製品として販売する


装置は飼料用米と食品残さを原料に、100時間程度で濃度30〜40%のエタノールを製造。従来は発酵に使う酵母ごとにあった四つの容器を一つに集約するなどして、小型化を図った。総事業費は約5千万円

News:小型/簡易型エタノール装置で、億単位から数百万円への初期コスト削減へ。飼料用米と食品残さを原料に、100時間程度で濃度30?40%のエタノールを製造(NPO法人しまねバイオエタノール研究会)
製造したエタノールは既成の蒸留、脱水両装置で濃度を99・5%まで高め、農機具の燃料や化粧品、殺菌剤などの原料に利用。製造過程で生じるかすは飼料に活用できる。現在試作した装置を毎日稼働させた場合、飼料用米や食品廃棄物など年間3.5トンから1200リットルのエタノールを生産できる


設計を担当した菱農エンジニアリングを通じて、業者へ近く初納入する装置では、生産能力を年間1万リットルに高めるという。既存の製造装置は大型で、億単位の初期投資が必要だったが、今回開発した装置は数百万円で販売可能。同研究会の和泉敏太郎理事長は「製造装置を普及させ、産業振興と循環型社会の構築に役立てたい」と話した。

※ 山陰中央新報の記事より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る