パリ市、2020年までに「グリーンシティー化」33haの都市型農場を整備する計画

 フランスのパリ市内にて都市型農場が次々にオープンしている。例えば、中間所得者が多く住むパリの東エリアにある建物屋上では、今年の7月にオーガニック・ファームがオープンした。
建物は、パリ交通公団(RATP)が所有するもので、RATPは、パリとその周辺部の公共交通機関を運営する事業者である。

屋上ファームでは、紫色のバジル、チョコレートやバナナの香りのするミント等、フレンチ料理でも利用できそうなハーブ野菜を中心に栽培されている。このほかにも、ズッキーニを栽培し、花も摘み取りエディブルフラワーとして利用している。

建物はパリ交通公団(RATP)所有だが、屋上ファームの管理・運営は、パリを中心にサステナブルな都市型農業を普及させている「Aéromate」が担当している。

今回の屋上ファームは、全て土耕の有機栽培となるが、同社では小さな水耕キットを設置し、野菜の生産も行っている。地元住民と都市型農業をダイレクトに結びつけ、農場での貸農園サービスやイベントの他、地産地消レストランの開設計画もある。


※写真 パリ市内の都市型農業PJデザイン案。同社の他、様々な企業やNPO団体がパリ内にて都市型農業を進めている

パリ市、2020年までに「グリーンシティー化」。33haの都市型農場を整備する計画パリ市、2020年までに「グリーンシティー化」。33haの都市型農場を整備する計画

パリ市によるグリーンシティー化計画

 パリ市では、2016年より都市型農業プロジェクトを進めている。計画によると、2020年までに、都市エリアにある未活用スペース、約33haを新たに都市型農業へ切り替える方針である、という。写真は都市型農場マップ、計画中の農場も含む。

パリ市、2020年までに「グリーンシティー化」。33haの都市型農場を整備する計画
1つの農場サイズは、どれも小さいものの、屋外・屋上や室内スペースなど、様々な場所で栽培計画が進行している。既に一部の農場はオープンしており、土耕だけでなく、高収量が見込まれる水耕栽培や植物工場のような多段式栽培も計画されている。

また、パリ交通公団(RATP)では、建物スペースを貸すだけでなく、資金的な支援も行っている。同社はグループ全体で保有する建物が約1.4haあり、今後も未活用な屋上や空きスペースを都市型農業へ切り替えていく、という。

同社では、2020年のグリーンシティー化計画を、先頭に立って実行することで、パリ市内を魅力ある都市に高めていきたい、という。

・パリ市の都市型農業プロジェクトについて http://www.parisculteurs.paris/
・Aéromate http://www.aeromate-71.webself.net/