タイ・バンコク拠点のベンチャーEmpag、タイで日本食材のネット販売を行うアライドコーポレーションと業務提携

植物工場IT活用事例セミナー

 バンコクにてオフショア動画制作サービスを提供するEmpag社は、 タイ食材商社である株式会社アライドコーポレーション、およびタイ子会社バンコクフードシステムと、日本食材プロモーションに関して業務提携を開始した。

事例:福島県産の桃を動画コンテンツによりプロモーション
アライドは当商品をタイにおける主要スーパーなどで販売しているほか、ネットでの通販を開始。Empagが制作した動画コンテンツを使いWeb/ソーシャル上でのプロモーションを行います。

タイ・バンコク拠点のベンチャーEmpag、タイで日本食材のネット販売を行うアライドコーポレーションと業務提携
タイ食材商社アライドコーポレーションおよびタイ子会社バンコクフードシステムは、タイにおいて日本食材のネット販売サイト「JAPAN OISHI TANOSHI NET(ジャパン おいしい たのしい ねっと」を立ち上げると同時に、食と観光を主軸としたFacebookメディア「JAPAN FOOD & TRAVEL AMBASSADOR」を開設しました。

ページライクし、特設ページより応募した方の中から抽選で50組100名に対して日本旅行をプレゼントするキャンペーンなどを利用し、2017年末までにフォロワー100万人を目指します。
ここで構築したフォロワー基盤を使い、日本食材のネット通販強化を狙います。

それにあたり、Empagは上記メディアに対して日本食材をプロモーションする動画コンテンツ提供します。

Empagはバンコクを拠点として毎月500本以上の動画コンテンツを制作する制作力を持つ他、タイ向け調理メディア運営や食品小売事業の経験を通して培ったアジアx食の市場に精通しています。
アライドはEMPAGの強みを活かして、さらなるタイ人へのリーチが可能となります。


▼参考動画
https://www.facebook.com/JapanFoodAndTravelAmbassadorInThailand/videos/1545335472200626/

▼JAPAN OISHI TANOSHI NET
https://japanoishitanoshinet.com/

▼JAPAN FOOD & TRAVEL AMBASSADOR
https://www.facebook.com/JapanFoodAndTravelAmbassadorInThailand


■Empagについて
タイを中心に食に関わる事業を多数展開。タイにて動画撮影/編集拠点を保有し、現地での動画メディア運営や運用代行事業を行う。自社メディアAroi Thai Recipeはリリース3ヶ月でフォロワー30万人超、月間1000万再生以上のメディアに成長。

タイでのメディア運用に加え、動画制作リソースを活かした日本市場へのオフショア動画制作サービスMove Asiaを提供。
Empagはまた、アジアの農業の「今」を伝えるウェブメディア「Agri in Asia」を運営している。

オフショア動画制作サービス MoveAsia
http://www.moveasia.co/

– Aroi Thai Recipe(タイ人向け料理メディア):
https://www.facebook.com/aroithairecipe/

– Channel J(日本料理紹介メディア):
https://www.facebook.com/ChannelJ.Thailand/

クライアント
– ABC Cooking Studio
– FiNC (ヘルスケアメディア)
– Meyer 等


■アライドコーポレーションについて
タイ食材を中心に扱う、メーカー機能を持つ日本の食品商社。日本では“タイの台所”ブランドを展開し、創業40年以上を数える。
2015年末よりバンコク支社と連携し、日本産生鮮物の対タイ輸出販売を開始。今年度よりタイへの日本産加工品の輸出販売、広告事業、マーケティングリサーチ事業を開始。